Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

広尾TCの2022年2歳馬募集でハイアーラヴ'20に出資

 

表題の通り、広尾TCの今回募集・「2022年2歳馬募集『Hiroo no REIWA』」にて、募集馬ハイアーラヴ'20への出資申込をさせていただきました。

 

(広尾サラブレッド俱楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

202012-1

ハイアーラヴ' 20

栗東矢作芳人厩舎予定

牡1歳 鹿毛 2020.02.29生 新ひだか


父:キズナ 母:ハイアーラヴ

(母の父:Sadler's Wells)

販売総額 5,700万円 / 総口数 3000口
一口価格 19,000円

 

 

…ということで、前回募集で出資したゼロカラノキセキ'20・ステラリード'20に続き、現1歳世代の出資馬陣営にハイアーラヴ'20が加わりました。

 

その募集総額は5700万円と、父キズナの種付け料の推移を見ても、重賞2勝馬クレッシェンドラヴに代表される兄姉たちとは一線を画す金額に。

 

これには様々な意見があったようですが、実際に現時点で「残口わずか」となっていることを考えると需給面では妥当なレベルだったと言える…というのは言い過ぎでしょうか。

 

ともあれ、募集総額次第では12時まで携帯電話に触れられない私などは出資申込を行う事すらできなかった(この仕組み、もう少し何とかなってくれないものかと思うのですが…)かも分かりませんので、これについては致し方なし。

 

これだけの値が付けられた理由は前出のように半兄に重賞2勝馬がいるという血統背景、そして馬体と厩舎という事になるかと思いますが、このうち馬体に関して言うと素人の私は馬を見る目など持ち合わせていませんし、特に1歳馬は競走馬としての姿から(当歳時に比しても)最も遠いと言われる時期でもあり、「立ち姿の格好が良い」以上のコメントを求められても困る部分。

 

厩舎については言わずもがな、特に広尾TC×矢作厩舎の組み合わせは他の一口クラブと比しても相性が良いようで、このタッグではGⅡNZT勝ちのバスラットレオンを筆頭に出走済の6頭のうち3頭が重賞連対以上またはOP勝ち、残る一頭も先月に新馬勝ちを果たした2歳馬キングエルメスと、募集額が上乗せされるのも納得の長打力。

 

加えて現状勝ち上がっていないのは初戦2着の後に骨折が判明したプライムライン(再ファンドを前提に地方転出中)と現役中に死亡してしまったスパーブアゲインの2頭のみという打率の高さもあり、あまりの相性の良さ(と他陣営の成績の振るわなさ)に矢作サラブレッド倶楽部と揶揄する声すら聞こえる程ですので、ここについては文句無しでしょう。

 

話が長くなってしまいましたが、本馬ハイアーラヴ'20には競走馬としても偉大なる厩舎の先輩たち、そしてクラブを代表する存在ともいえる兄にも勝ると劣らぬ大活躍を見せてほしいもの。

 

ディープインパクトストームキャットサドラーズウェルズという日米欧のブロックをそれぞれ代表するレジェンドサイヤーの血が結集した本馬がどういった戦場でどのどうな走りを見せてくれるのか、競走馬としての姿が見えてくる来年の夏、そして再来年の春の大舞台が今から楽しみです。