Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

直近の出資馬動向いろいろ②2歳馬編

 

直近で特筆すべき出来事があった馬たちの動向、続いては2歳勢。

 

2日に分けて書くつもりだった①と②の間が2週間も空いてしまい、情けないやら申し訳ないやら…

 


・キングエルメス

 

牧場→外厩→競馬場と昨年の半兄カイザーノヴァに勝るとも劣らぬ順調さで進んでいき、筆が全く追いつかぬうちに今週末…どころか本日の札幌競馬第5レースでメイクデビュー。

 

そのカイザーノヴァよりは初戦から動けそうなイメージを持っていますが、果たしてどのような結果になるでしょうか。

 

 

・ルーシッド

 

怒涛のゲート試験連敗の後、間隔をあけて臨んだ3度目の挑戦でようやく突破。

 

流石にここまで手間取るとは思っていませんでしたが、もともと今回はゲート合格後の再放牧を前提とした入厩だったことですし、試験での苦い記憶と思いのほか長期間に渡ったトレセンでの調整は今後への糧になってくれるはず、と前向きに捉えておきたい所です。

 

 

・アシタカ(ミスペンバリー' 19)

 

シュウジデイFでの調整中に外傷を負ってしまい、現在はウォーキングマシンでの運動のみと小休止の状態。

 

これによって調整は少し遅れてしまう事となりましたが、後を引く頓挫でなかったのはひとつ良かったかなと思いますし、偉大な兄姉たちがそうだったように多少デビューが遅れても成長と共に必ず走ってくる系統でもありますから、早期の症状の快復が叶うようであれば大きな問題は無いでしょう。

 

 

・オトニエル(レディバウンティフル' 19)

 

ファンタストクラブでの馴致と土台作りを終えて夏を前に脱北、今月の始めに栗東近郊の吉澤ステーブルWESTに移動。

 

イメージの通り奥手な印象があってデビューどうこうの話が出てくるのはもう少し先の事になるかとは思いますが、先々に向けてもここまで順調に来られているのが今は何よりでしょう。

 

 

サクソフォン(レトロクラシック' 19)

 

こちらも6月の頭に美浦近郊…というには多少距離があるような気もしますが、神奈川県厚木市の高木競走馬育成牧場へと移動を完了。

 

ここまで大きな怪我や頓挫の無いままに来られているのは何よりで、あとは陣営の見立ての通り、成長と共に目方が増えてきてくれることを期待したいです。