Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(6/12)グランソヴァール、更なる上積みを

 

(広尾サラブレッド俱楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

グランソヴァール

 

21.06.10


6月12日(土)東京1R 障害未勝利(ダ3000m)五十嵐雄祐騎手にて出走予定。


「きのうジョッキーを背に3頭併せでの追い切りを消化。先行して2番手の馬と併入、3番手の馬には先着しました。最後も余力を持って相手に合わせる形でしたし、鞍上も『何ら問題なし』との見解でしたからね。背腰も疲れの波があるとはいえ、我慢が利いている状況ですし、順調にきていますよ。前走よりも良い状態で出走できそうです」(尾関調教師)

 

 

…ということで、明日の東京競馬1レース・6月12日(土)東京1R 障害未勝利(直線ダート3000m)に我らがグランソヴァールが出走します。

 

舞台設定がトリッキーな中山から大箱の左回りに変わるのは障害戦であっても好材料、直線がダートなのも当然良いはずですし、何より前走のレース前に触れたように、設置障害も含めたコースの難度という面から見て東京変わりは歓迎でしょう。

 

他で気になる事があるとすれば前走で先着を許した馬たちのその後の戦績不振ですが、飛越の巧拙や競馬内容から前走の上位組で最も「次での良化」に期待を感じさせたのは我らがグランソヴァールだったと思いますし、尾関先生からは(試験合格からの直行デビューだった)「前走よりも良い状態で出走できそう」と状態面にも好感触が。

 

加えて今回は相手関係的にも手薄な印象があり、一頭負かせれば勝ちが見えてくる競馬ということでちょうど本馬が未勝利戦を勝ち上がった時と同じになっているのではという雰囲気もありますから、明日のレースでは芝にダートにと走り慣れた府中の舞台で障害戦をも上手にこなし、ジャンパーとしての資質をもって通算で4つ目となる勝ち星を、今度は障害レースでの初勝利という形で手にしてほしいと思います。