Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬動向一覧(4/3)

 

4月第1週を終えた時点での出資馬の動向一覧を更新。

 

東西トレセンの在厩頭数は現段階で4頭と久々の賑わいを見せており、春の訪れと共に出資馬たちの動きも活発化してきた感じがありますね。

 

f:id:haku_san:20210403100342j:plain

 

まず古馬の総代・クレッシェンドラヴはいよいよ今週末、初の関西遠征を敢行してGⅠ大阪杯に参戦。

 

重ねて書くようにここは二番手以下が大混戦(4番人気のレイパパレで単オッズ2桁、5番人気のワグネリアンからは単勝50倍オーバーですか…)のように見え上位進出を窺う機は十分あると思いますし、また気になる降雨のタイミングも少しずつ前倒しになってきているという事で、ここも大番狂わせへの期待を持ちながら臨める一戦という事になりそうですね。

 

 

そしてようやく増えてきた他の在厩組、まず美浦TCで調整と障害練習を行っているグランソヴァールは調教での感触次第で「来週障害試験を受けられるかも」ということで、早ければ来週中にも障害試験を受験しようという構え。

 

そこからの「方向性や出走に関してはまだまだこれから」という事のようではありますが、仮に障害試験を受験するとなれば試験が追い切りを兼ねることになるという談も出ており、早ければ来週再来週の実戦投入すらありそうな雰囲気ですね。

 

 

同じく美浦TCで調整されているラヴマイウェイはこの中間も順調に乗り込まれ、水曜日には併せ馬を敢行するなどデビューに向けての進捗は良好。

 

もともと「入厩後は早めにレースに使いたい」という談が出ていたこともあり、こちらも来週再来週あたりから投票を意識していくことになるかと思いますので、後はここからレースに向けてピッチを上げていく中でも心身の乱れ、特にメンタル面の難しさが鳴りを潜めていてくれることを祈るばかりです。

 

 

一方、それぞれの事由で身体にメスを入れる事となったカイザーノヴァゴッドシエルの術後の経過は共に良好ということで、まずは一安心といったところ。

 

特に未勝利馬となるゴッドシエルに関しては術後の順調度が勝ち上がりに向けての期待度に直結してくるだけに、目方の増量も含めたホルモンバランスの変化への対応等々、まずは復帰に向けての立ち上げが順調に行ってくれればと思うばかりです。

 

 

そして、今年の飛躍が期待される2歳勢ではスイートマカロン'19ことルーシッドが北海道のシュウジデイFから滋賀県のチャンピオンヒルズへと移動、世代の脱北一番手と相成りました。

 

環境変わりの影響もあってか到着後の様子は一息のようですが、今後は新天地への順応と共に馬本来の良さを徐々に見せてきてくれるはずと思いますので、19年産世代の先駆けとしてここから先も順調に、競馬場でのメイクデビューに向けての道を歩んでいってもらいたいと思います。