Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

GⅠレース特別登録(4/4)クレッシェンドラヴ、GⅠ大阪杯・第1回特別登録

 

JRAのホームページにて、クレッシェンドラヴが出走を予定している再来週末の日曜阪神11レース・4月4日(日)阪神11R GⅠ大阪杯(4歳以上オープン、芝2000m)の第1回特別登馬が発表されています。

 

 

2021年4月4日(日曜) 6回阪神6日

 

第65回大阪杯GⅠ


4歳以上 オープン (国際)(指定) 定量

コース:2,000メートル(芝・右) 

 

第1回特別登録15頭


アドマイヤビルゴ   57.0
アーデントリー    57.0
カデナ             57.0
キセキ        57.0
ギベオン       57.0
グランアレグリア   55.0
クレッシェンドラヴ  57.0
コントレイル     57.0
サリオス       57.0
ハッピーグリン    57.0
ブラヴァス      57.0
ペルシアンナイト   57.0
モズベッロ      57.0
レイパパレ      55.0
ワグネリアン     57.0

 

 

…ということで、2週後のGⅠ大阪杯への第1回特別登録が締め切られ、上記の15頭がその登録を行ったことが発表されました。

 

頭数・顔ぶれ共に事前の想定の通りの15頭で、我らがクレッシェンドラヴも含め、全馬が出走可能な登録数となりましたね。

 

その一覧を見てみると、三冠馬コントレイルを筆頭に昨年のクラシックを賑わせてきた明け4歳馬から過去に幾度となく顔を合わせてきた歴戦の古馬、そして満を持して10F戦に乗り込んできた短距離路線の女王まで、古馬の一線級と言える名前がずらり。

 

ただ、前出のコントレイルはともかく脇を固める2~3番手候補の馬たちはそれぞれ未知数な部分を抱えての出走となる事ですし、その他の登録馬の名前を見ても昨秋の2戦との比較で言えば少し手薄なメンバー構成になっているようにも見え、これであれば我らがクレッシェンドラヴにも上位進出の目は十分あるはず。

 

もちろんここは古馬王道のGⅠ戦、これまでと同様に決して一筋縄ではいかない競馬となるはずですが、本馬自身の更なる成長に馬場や展開の後押しがあれば好戦以上の内容と結果に期待できるのではという色気を持って臨める一戦なのも間違いのないところですので、決戦に向けて先ずはここからの2週間、しっかりと大番狂わせの下準備を整えておいてもらいたいと思います。