Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬動向一覧(2/26)

 

遅ればせながら、2月第4週時点での出資馬の動向一覧を更新。

 

それぞれ事情があるだけに仕方のない事とは言え、東西トレセンに在厩中の馬が不在というのは寂しい限りですね。

 

 

f:id:haku_san:20210228105350p:plain

 

まずは今後の動向と目標がある程度見えているOP馬2頭、東のクレッシェンドラヴは引き続き福島県のテンコーTCで調整中。

 

その目標は現段階に至っても明かされていませんが、過去の戦歴や適性から見て次走は3月末のGⅡ日経賞もしくは翌週のGⅠ大阪杯あたりが有力のはずで、となれば次走のタイミングは先週の時点で凡そ4~5週後、過去のルーティンに当てはめるとそろそろ帰厩も間近という事になるでしょうか。

 

 

続いて西の3歳馬カイザーノヴァは「3月27日(土)阪神11R 毎日杯(GⅢ・芝1800m)を目標に短期放牧で軽くリフレッシュ」という事で、3月27日(土)阪神11R GⅢ毎日杯(芝1800m)への参戦を視野に入れつつの調整となっている様子。

 

強豪揃いだった前走の共同通信杯に続き、ここもグレートマジシャンルペルカーリアなどNFグループの素質馬たちが強力布陣で待ち構えているようですが、外回りの1800m戦という舞台設定は理想的なものですから、ここは先々に向けて更なる賞金加算、そして昨年のサトノインプレッサに続き矢作厩舎の同レース連覇にも期待したいところです。

 

 

一方、東の古馬のもう一角・グランソヴァールは北総乗馬Cで障害練習をスタート。

 

個人的には(過去の実績や前走の走りから)現級では家賃が高いとまでは思えず、正直な所まだ平地でやってもらいたい事は多々残っているのですが、入障に向けて進めていくと決まった以上、陣営と本馬の努力が実を結んでくれることを願うばかりです。

 

 

後は残りの3歳勢、まず去勢の方向性が固まったゴッドシエルはイクタTFで手術に向けて準備中(日曜日の現時点では術後)。

 

近況での「準備万端整っています」という陣営の談は頼もしい限りなのですが、これがレースに向けての意気込みではなく去勢に向けての備えなのが切ない所ではあり…ともあれ、本馬自身の将来のためにも、まずは手術の無事の成功を祈りたいと思います。

 

 

そして未デビューの関東馬2頭、ラヴマイウェイキャットウォークは揃って外厩先での調整に終始していますが、このうちキャットウォークは今月に入って北海道の坂東牧場から福島県のテンコーTCへと移動、3歳2月にしてようやく本土の土を踏むことに。

 

一方のラヴマイウェイも(本州時代と違い)出戻り先のシュウジデイFでは極端な気の悪さまでは出していないようで、体力不足と言われながらも何とか調整は進められているようですから、2頭共にここから先は再度の怪我や頓挫が無いよう、デビューに向けて前進一途にいってもらいたいと思うばかりです。