Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(2/13)ゴッドシエル、一歩ずつでも前進を

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

ゴッドシエル

 

21.02.11


2月13日(土)阪神5R 3歳未勝利(芝2000m)に坂井瑠星騎手にて出走予定。


「普通キャンターを落ち着いて走れるようになってきたのは、前回入厩時よりも進展が窺えるポイント。出走に向けて全体的には順調に調整できていますが、追い切りではテンからかなり行きたがる分、終い伸び切れない感じで、まだブレーキとアクセルを同時に踏みながら走っている感じなんですよね。レースでも行きたがるところがありますし、今回は距離延長となる2000m。前半に脚を溜められるかどうかだと思います」(松永幹調教師)

 

…という事で、明日の阪神競馬第5レース・2月13日(土)阪神5R 3歳未勝利(芝2000m)に我らがゴッドシエルが出走します。

 

ここでの枠順は3枠3番

 

(7枠15番からのスタートだった)初戦からガラリと変わって一気に内目となりましたが、その初戦を終えての談話で「もう少し内枠であったら良かった」と言われていた馬でもありますし、上手く前に壁を作って「行きたがるところ」をカバーしてもらえれば。

 

それによって上手く前進姿勢を制御する事さえできれば400mの距離延長はプラスに働いてくれると思いますし、初戦との比較で言えば実戦を一度使った上積みも見込め、京都から阪神へのコース変わりも歓迎のはず。

 

一方で前走比+4kgという斤量の変化を筆頭に克服しなければならない課題も多々ありますが、そもそも今回は自身の目方やテンションなどプラスにもマイナスにも色々な面で未知数で、まさしく第二の新馬戦といった様相。

 

それだけに今回も「無事に回ってきてくれれば」という思いが強い一戦ではありますが、少なくともレース前の雰囲気は(調教内容から総悲観のムードがあった)初戦当時とは雲泥の差だと思いますし、加えてここは前走で馬券になった馬が14頭中1頭のみと相手関係もかなり軽く見えるだけに、手探りな状況の中でもある程度メドが立つ走り、中身のあるレースを見せてもらいたいと思っています。