Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

週末の特別登録(2/14)カイザーノヴァ、GⅢ共同通信杯に特別登録

 

JRAのホームページにて、カイザーノヴァが出走を予定している来週末の日曜東京11レース・2月14日(日)東京11R GⅢ共同通信杯(芝1800m)への特別登録馬が発表されています。

 

 

2021年2月14日(日曜) 1回東京6日

 

GⅢ 第55回共同通信杯

3歳 オープン (国際)(特指) 別定 コース:1800メートル(芝・左) 

 

第1回特別登録 13頭


ヴィクティファルス  56.0
エフフォーリア    56.0
カイザーノヴァ    56.0
キングストンボーイ  56.0
シャフリヤール    56.0
ステラヴェローチェ  57.0
ステラリア      54.0
タイソウ       56.0
ディオスバリエンテ  56.0
ディープリッチ    56.0
ハートオブアシティ  56.0
プラチナトレジャー  56.0
レフトゥバーズ    54.0

 

 

 

…ということで、今週末の東京競馬場で我らがカイザーノヴァと一戦を交える可能性のあるメンバーの名前がJRAから発表されました。

 

その一覧を見てみると、朝日杯FS2着の実績を持つステラヴェローチェと500万条件で上位に来ていた組が主力を形成、それに対してそれぞれ強い内容で新馬戦を勝ってきたディオスバリエンテシャフリヤールといった新興勢力がどれだけやれるか、という構図になっているよう。

 

そんな中にあって我らがカイザーノヴァの扱いは「既存勢力の中堅どころ」という程度のものに留まっているようですが、この相手関係の中に入ってもOP~重賞での本馬の実績は(GⅢ1着→GⅠ2着のステラヴェローチェは別格として)十分上位と言えるものですし、ここに本馬自身の心身の成長、ないしは距離延長による後押しがあれば、今回ここでの大物食いも不可能ではないはず。

 

そんなわけで、今週末のレースは不本意な結果に終わった咋秋の2戦の雪辱戦、そして春の路線を決める分水嶺として、まさしく大注目の一戦となりそうです。