Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(12/3)カイザーノヴァ、朝日杯に向けて栗東帰厩

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

カイザーノヴァ

 

20.12.02


本日、栗東トレセンに帰厩しています。


「先週末から15-15を乗り始め、今朝トレセンのほうへ。こちらに来てから2週間ちょっとではありましたが、二度のショックウェーブ照射により、だいぶ硬さが取れてきたように、いい状態で送り出すことができたと思います」(小泉厩舎長)

 

 

20.12.03


栗東トレセン在厩。今朝から調教を開始しています。


「元来の性格、また帰厩初日ということもあって、少々テンションが高めではありますが、馬体等にまったく問題はありませんので、明日か週末に速いところを乗り、一週前追い切りへとつなげて仕上げていく予定です。レースは12月20日(日)阪神11R 朝日杯フューチュリティS(GⅠ・芝1600m)、鞍上は坂井瑠星騎手を予定しています」(矢作調教師)

 

前走後は栗東近郊のチャンピオンヒルズで調整されていたカイザーノヴァが、栗東矢作芳人厩舎に戻ってきました。

 

その目標は当初からの予定の通り、西の2歳チャンピオン決定戦・12月20日(日)阪神11R GⅠ朝日杯フューチュリティステークス(2歳オープン、芝1600m)

 

前走の敗戦があっても再度の立ち上げから順調に来られているのは何よりですし、レースに向けては(馬の癖の強さもあって)坂井瑠星Jが続投となるのも心強い限りですよね。

 

その朝日杯、netkeibaの想定馬は

 

 

 

ということで、2週前段階となる現時点で既に夏~秋の重賞戦線で上位を張ってきた馬たちの名前がずらり。

 

まあ、いくら好メンバーとはいえ力関係の定まり切っていない2歳戦、クレッシェンドラヴが出走したジャパンカップほど煮詰まったメンバーでは無い(比較対象がおかしいとも…)はずですから、OP勝ち&重賞掲示板2回と中々の実績を持つ我らがカイザーノヴァもこの「好メンバー」の一角として上位進出、あるいは逆転でのタイトル奪取の機を窺っておいてもらえればと思います。