Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(11/29)クレッシェンドラヴ、頂点への挑戦

 

既報の通り、明日の東京競馬12レース・11月27日(日)東京12R GⅠジャパンカップ(3歳以上オープン、芝2400m)に我らがクレッシェンドラヴが出走します。

 

 

ここでの枠順は6枠11番

 

ここは舞台設定や相手関係から意識して位置を取りに行けばある程度のポジションは取れるのではと思えるだけに、基本的には外目希望の馬でも今回ばかりはもう少し内目の枠でも良かったかなとは思いますが、序盤のポジショニングという意味では先手を主張してきそうなトーラスジェミニの2つ外という並びは良いと思いますので、まずはこれを行かせたうえで他馬の出方を窺いながら自身も内に潜っていく、というのが理想的な流れになるでしょうか。

 

 

他で前に行きそうなのは番手の競馬が理想で枠も良いレンブーケドールや発馬が決まった時のキセキ、あるいは何をやってくるかが完全に未知数なヨシオあたりかと思いますが、ヨシオはともかく前の2頭はジリ脚型の先行馬。

 

いずれも長く脚を使い続けるタイプで勝負所の手前から少しずつアクセルを踏んでいくような競馬を好んでいるだけに、仮に5Fの通過タイムが遅かったとしても動き出しは速いはず、となれば極端なスローからの瞬発戦になる事はないのでは。

 

そしてロングスパート戦になれば地力型が優位の競馬、消耗戦を何より好む我らがクレッシェンドラヴの出番…とまで言うのは虫が良すぎるかもしれませんが、実際こういった脚の使い方をする馬は混戦になってこそ持てる能力をを出し切れるのは間違いないはずですから、ここは陣営が「生涯最高級のデキ」とするコンディションの良さと合わせ、下馬評の低さを嘲笑う大激走を期待したいところ。

 

もちろん相手が強いのは百も承知、単勝200倍超という前売りオッズが示す通り持てる力を十二分に発揮しても上位陣相手にどこまで通用するかというのが常識的な見方なのでしょうが、最高格付けのレースに出る以上は弱気になる意義も理由もないと思っていますから、明日のレースでは消化不良の競馬になった前走からの巻き返し、そして競馬史に残る大下剋上を叶えて欲しいと思います。