Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(11/26)ストームハート、中京戦に向けて栗東帰厩

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

ストームハート

 

20.11.25


イクタトレーニングファーム在厩。障害練習を切り上げ、坂路にて15-15の調教を消化。明日の栗東トレセン帰厩が予定されています。


「これまで半月ほど練習を行ってきましたが、障害に対して気を遣ったり、飛越のアクションが硬かったりと、もうひとつスムーズさに欠けるところがありましたので、『それであれば無理をさせるのではなく、引き続き平地に使っていきましょう』と調教師。歩様自体は良好ですし、調教も順調に乗れていることから、『あす帰厩』することになりました」(生田場長)

 

20.11.26


本日、栗東トレセンに帰厩。来月の中京開催を目標に調整を進めていく予定になっています。

 

 

 

前走後は外厩先でリフレッシュと共に障害練習も行っていたストームハートですが、「来月の中京開催を目標に調整を進めていく」事になったとのことで、先週の金曜日付けで早くも栗東野中賢二厩舎へと戻ってきました。

 

結局(陣営が適性を計っていた)障害戦への挑戦は幻となったようですが、障害練習の進捗の怪しさはここ2週の近況から察せる所もありましたので、これはまあ仕方ないかなと。

 

気を取り直して(?)「来月の中京開催」で目標とするレースはダートか芝の1200m戦が有力として、前者は12日の土曜日、後者は20日の日曜日にそれぞれ混合の1勝C戦が組まれていますが、「次走は障害戦とダートの短距離戦の両睨み」と言われていたことを踏まえると前者のレース、12月12日(土)中京3R 3歳以上1勝クラス(D1200m)に向かう可能性が大でしょうか。

 

いずれにしても次走は再度の距離延長がカギになってきそうですが、次走の舞台と目される「ダートの1200m戦」は地味に初経験という事もあって(1400m戦で2着馬から0秒7差とまずまずの競馬が出来ていた)2走前からの前進があってもとは思いますので、年を越す前に現級戦にメドを立てておくことが出来るよう、何とか頑張ってもらいたいと思います。