Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬動向(11月・第1週)

 

月が替わって11月1週、10月28日-11月4日の間の動向一覧です。

 

今週は私用でブログの更新がこれ一件になってしまう公算が大ですので、(情報が木曜日に更新される)在厩馬については先週時点での情報になっていることをご承知置きください。

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

f:id:haku_san:20201104210622p:plain

 

まず動向が注目されていたクレッシェンドラヴは「11月29日(日)東京12R ジャパンカップ(GⅠ・芝2400m)に向けて、明日、美浦トレセンに帰厩する予定」という事で、専門誌の情報通り3週後のGⅠジャパンカップへと向かう予定になっている事が正式に発表されました。

 

前走後に放牧に出てから凡そ一月、過ごし慣れた環境の下でしっかりリフレッシュできたようですし、帰厩時期も「出走レースのおおよそ3週、日数で20~25日ほど前」という過去のルーティンに沿ったもの。

 

同レースは既に出走を表明しているデアリングタクトだけでなく、今後の動向次第でコントレイルアーモンドアイといった近年最高(最悪?)の相手関係の中で行われるレースになるやもしれませんが、馬場や展開が噛み合えば我らがクレッシェンドラヴにも出番があって良いと思いますので、思い切って日本競馬史上稀に見る大物食いを期待したいところです。

 

 

他に動きのあったところでは、2歳馬カイザーノヴァが来週末のGⅡデイリー杯2歳Sへの出走に向けて、先週の内に栗東矢作芳人厩舎へ入っているとのこと。

 

デビュー3戦が全て札幌/函館とシュウジデイFの往復だったこともあり、これが記念すべきトレセン初入厩という事になりますね。

 

とは言ったものの馬自身はキャリアも経験も浅い2歳の若駒、大なり小なり環境の変化に戸惑うことはあると思いますが、今後は長きに渡ってこちらがホームとなることですし、徐々にでもトレセンの空気に慣らしていっていただければと思います。