Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(10/29)ゴッドシエル、いよいよレースへ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ゴッドシエル

 

20.10.29


10月31日(土)京都4R 2歳新馬(芝1600m)に泉谷楓真騎手にて出走予定。


「ハミを噛んで折り合いはつきにくいですが、かえって競馬のペースのほうがいい場合もありますからね。動きは悪くないですし、真面目な馬で一生懸命に頑張って走ってくれていますよ。入厩時から大きく変わった印象まではないものの、ここにきて筋肉質の体になり、着実に体力が付いてきた感じ。当初よりは飼葉を食べてくれますので、今後さらに食欲が増してくれればと思います。今回はマイルを使いますが、母は長いところで走っていた馬。このレースで色々と分かってくるのではないでしょうか。430kg台でレースを迎えたいところです」(松永幹調教師)

 

 

今週末の京都戦・10月31日(土)京都4R メイクデビュー京都(2歳新馬、芝1600m)でのデビューに向けて調整が続けられてきたゴッドシエルですが、水曜日には坂路で最終追いとなる時計を出して態勢を整え、同レースへの出走も確定させてきました。

 

その最終追い切りの内容は坂路単走で一杯に追われて4F=56.2-13.8、終いの甘さは相変わらずですが目方の不安がある中でもハードに追えており、(これでも)終いの時計を詰めてきたのも収穫と言えば収穫でしょうか。

 

それでも前週までの追い時計、そして上記の内容も含めて現時点での走力については正直なところ何ともですが、これでも「動きは悪くないですし、真面目な馬で一生懸命に頑張って走ってくれています」という事で、陣営に悲観の色までは無いよう。

 

とはいえ上記のような現状を鑑みると初戦から結果に期待して見るのは流石にどうかという所があり、常識的に考えて勝ち負けを望んでいくのは一度使って息使いや身体に芯が入ってからという事になるかと思いますので、週末のレースもまずは無事の完走と帰還を第一に、出来る事なら実戦に行って何か光るものを見せてもらえれば、と思っています。