Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(10/18)ストームハート、枠に泣くも収穫あり

 

先週の日曜新潟10レース・10月18日(日)新潟10R 稲光特別(3歳以上1勝クラス・芝直線1000m)に出走したストームハートは9着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

ストームハート

 

20.10.18

 

差のないスタートから、前半は二列目の内めを追走。残り200mを切って差を広げられてしまい、結果9着での入線となっています。


「ゲートが悪くなかったものですから、外々にポジションを取って行けるかと思いましたが、周りも速く、それを叶えるスピードまでは繰り出せませんでした。大きく負けているわけではないのですが…」(野中調教師)


◆内枠が影響したこともありますが、この条件ともなるとさすがにテンの争いが厳しくなってくるようで、レースの主導権を握ることができませんでした。なお、このあとは、「500kgと体がある馬ですので、一度どこかで障害センスも確認しておきたいところ。ダートの短距離戦と両にらみで考えていきたい」(師)と思います。(HTC)

 

 

…ということで、直千競馬への初挑戦となったストームハートの今季2戦目は、12頭立ての9着(10番人気)という結果に終わりました。

 

着順だけを見ると褒められたものではありませんが、今回の決着時計55.1は前日の2勝C戦より0秒4早く今開催最速、また11.9-10.3という入りの2Fのラップタイムもそれぞれ前日のものを上回っているように、今回は速い流れの中で積極的に、それも不利とされる内枠から先行していったのが敗因かなと。

 

そんな苦しい形からでも今回は勝負所まで粘りを見せてくれていましたし、個人的にはこれで枠が外なら掲示板以上は楽にあったのではないかなという印象を持てる一戦ではありましたから、総じて割とポジティブな敗戦というか、悲観する必要のないレース内容だったろう、というのがレースを見ての率直な感想。

 

後はこの調子で出走回数を重ねつつ枠や展開が噛み合って出番が来るのを待っているというのが一番良いように思うのですが、流石に連闘で(開催最終週となる)来週の新潟戦に使うことは無いようですし、目先をダートに変えてみても1000m戦となると来年の小倉まで組まれていないのは周知の事実で、今後の身の振り方が難しいのは確か。

 

そういう事もあってか陣営からは「一度どこかで障害センスも確認しておきたい」と入障のプランがあることまで示唆されていますが、ひとまず次回はそれと両睨みだという「ダートの短距離戦」での捲土重来、成績が振るわない近況からの脱却を何とか叶えてもらいたいと思います。