Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(10/8)グランソヴァール、レースでの鞍上は

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

20.10.08


10月10日(土)東京10R 神無月ステークス(3勝クラス・ダ1600m)にC.ルメール騎手にて出走予定。


「追い切りは折り合いがつき、終い少し仕掛ける程度に。今週は競馬を意識した調整といった感じで、いい伸びでしたよ。個人的には1400mでも問題ないと思いますが、ジョッキーたちはもう少し距離を延ばしてみてもと言いますからね。除外で少し間が開きましたが馬の状態は良好ですし、まずは抽選を突破できたこと、そして(他馬の除外により)ルメール騎手を確保できたのも良かったです。最近の折り合いがつく感じは、良い方向に捉えたいと思います」(尾関調教師)

 

 

今週末の東京戦・10月10日(土)東京10R 神無月ステークス(3歳以上3勝クラス・D1600m、ハンデキャップ競走)に向けて調整が続けられていたグランソヴァールですが、今週に入っても水曜日にDコースで最終追いとなる時計を出して態勢を整え、同レースへの出走も確定させてきました。

 

また、ここでの鞍上はC.ルメールJになったという事で、想定段階で出ていた名前と違い、騎乗経験のあるジョッキーとのタッグ再結成ということに。

 

これについては「(他馬の除外により)ルメール騎手を確保できた」という事ですので、AB投票でのもう片方の名前がルメールJで、当初騎乗予定だった馬(キャロットFのソルドラードかな?)の除外によって鞍上の手がこちらに回ってきた、という流れでしょうか。

 

ともあれ、そのルメールJは前回タッグを組んだ2走前のレース後に「今日の印象からすると1600mくらいがイイのかも」という談を出していた(当時は1400m戦)ことですし、当時の着差・時計差から相性が良好と思えるジョッキーというだけでなく、距離の長短に対する最終的なジャッジが聞かれそうなのは何よりのこと。

 

もちろん半周のマイル戦に条件が好転するここは結果にも期待したいところですが、それと同じくらいに今回のレースで見せる走りが未だ掴み切れていないという本馬の適性を固め、今後の方向性をしっかりと定めるための大きな材料になってくれれば、と思っています。