Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(10/8)エレナレジーナ、次走はダート戦?

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

エレナレジー

 

20.10.06


昨日、吉澤ステーブルを出発。本日、美浦トレセンに帰厩しています。第3回福島開催(10/31~)を目標に調整を進めていく予定です。

 

20.10.08


美浦トレセン在厩。今週末より、徐々にペースを上げていく予定になっています。


「放牧とは言っても、北海道でしっかりと乗り込んできましたからね。今回は前走時あたりから構想に入っていたダート戦へのチャレンジを。11月7日(土)福島3R 1勝クラス・牝(ダ1700m)または、15日(日)福島3R 1勝クラス・牝(ダ1700m)あたりに向かいたいと思っています」(加藤征調教師)

 

夏場は北海道シリーズに参戦していたエレナレジーが、吉澤ステーブルでの再調整を経て美浦加藤征弘厩舎へと戻ってきました。

 

その目標は「11月7日(土)福島3R 1勝クラス・牝(ダ1700m)または、15日(日)福島3R 1勝クラス・牝(ダ1700m)あたり」。

 

要は来月上旬に福島で行われる牝馬限定のD1700m戦への参戦を本線として調整していくようで、実際に出走となればキャリア10戦目、2年以上の競走生活の中で初めてとなる「ダート戦へのチャレンジ」に。

 

正直、ノヴェリスト×ファルブラヴで馬体重も420㎏そこそこという本馬がダートに変わって前進出来るかと言われると疑問符を付けざるを得ないのですが、ダート戦への挑戦というのは今回に限らず、陣営から以前から何度か提示されていたプラン。

 

後はその陣営の「小柄だがパワーはある」という見立ての通り、個体としてのエレナレジーナがダートでの競馬を無難にでもこなし、不利なデータを跳ね返してくれることを期待するのみです。