Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(9/27)クレッシェンドラヴ、今回は出番なし

 

先週日曜日の中山競馬メインレース・9月27日(日)中山11R GⅡオールカマー(3歳以上オープン、芝2200m)に出走したクレッシェンドラヴは4着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

クレッシェンドラヴ

 

20.09.27


ほぼ揃ったスタートから、道中は好位集団の内を追走。直線の激しい叩き合いの末に惜しくも切れ負け、結果4着での入線となっています。


「ペースが遅くなりそうなのは織り込み済みでしたので、いつもとは違って、ポジションを取りに行きました。ただ、この馬も終い伸びているとはいえ、あそこまでスローの切れ味勝負になってしまうと、さすがに分が悪くなってしまいます。収穫のあるレースにはなりましたが、満足いく結果を出せなかったことは悔しく思います」(内田騎手)


「もう少しレースが流れていれば、結果も変わったのかもしれませんが、さすがに厳しい展開になってしまいました。それでもジョッキーが前目にポジションを取って行くいい競馬であったと思いますし、こういうレース運びができたのは収穫。力負けではありませんし、次につながる競馬にはなりました」(林調教師)


パドックでもデキの良さを窺わせる好気配。今回はある程度スタートから出して行き、3番手からの競馬を試みましたが、道中のペースが落ち着きすぎてしまい、最後は牝馬勢の切れ味に屈する形となりました。なお、このあとは、「トレセンでレース後の様子をしっかりと確認させてください」と調教師。その上で次走を相談していく予定になっています。(HTC)

 

 

…ということで、重賞連勝を期待して送り出したクレッシェンドラヴの今秋緒戦は、勝ち馬と0秒3差の4着(4番人気)という結果に終わりました。

 

別定のGⅡ戦で人気通りの着に入って1000万円の入着賞金を確保、相手を見てもGⅠで上位争いをしていた馬とも僅差の競馬をしているのですから普通の馬であれば褒められて然るべき走りを見せてくれてはいるのですが、それでもこの馬にかかる期待の大きさを踏まえると、やや物足りないと言わざるを得ない結果。

 

ただ、今回は先行タイプの不在もあって落ち着いてしまって序盤の流れは明確なスロー、この馬自身も久々の先行策を採ってこれに対応したものの最内発進が仇となったか外に出して徐々にペースを上げていくという競馬は出来ず、そんな中で勝ったのが過去に32秒台の上りを使ったこともあるディープ産駒のの牝馬となれば、この馬にしてみれば少し「違う」レースになってしまったのは確かでしょう。

 

一応、ラップを見てみると(ミッキースワローが進出を図る素振りを見せた)残り800m付近からは11.6ー11.9ー11.5と流れが速くなってはいるのですが、やはり結局の所は先行集団が強気に行かず、前半5F=64.3で入った時点でどうしようもなかったのかなと。

 

元よりクレッシェンドラヴの成績は以前からラップの前傾後傾、数字で言えばRCPIとのリンクが非常に強く、2019年以降でこの数字が50を下回った(=前半が速かった)レースでの通算成績は(3-2-0-0)、逆に上回った(=後半が速かった)時は今回の数字を入れて(0-0-1-3)ですから、数字で見ても今回は「来ない番」のレースだったと言えるでしょう。

 

実際、今回は過去のレースで接戦を繰り広げていて今回も近い所に敗因を求めていそうなミッキースワローも同じく不発という競馬でしたから、総じてこの2頭のような消耗戦タイプには出番のなかったペースや展開になってしまったのかな、と思います。

 

そんな訳で今回のレースに関しては「力負けではありませんし、次につながる競馬にはなりました」 という林先生の言葉、これに丸乗りする形で締めさせていただければと。

 

そして来たる次走、林先生の言う「次」が中山になるのか福島なのか(東京…は無さそうかなあ)は現時点では分かりませんが、昨年と同様にこの次こそは地力全開の競馬を見せての巻き返しを、そして更なる高みへの挑戦を、それぞれ引き続き大いに期待したいと思います。