Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(9/6)アレアシオン、何より無事に

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の新潟競馬4レース・9月6日(日)新潟4R 3歳未勝利(D1800m)に我らがアレアシオンが出走します。

 

ここでの枠順は5枠9番。

 

同条件下でのレースだった初戦とほぼ同じ枠番からのスタートとなりましたが、トモへの力の入りが怪しい現状、ここは(ここも)序中盤は後方に待機する形から終いでどこまで脚を使えるか、という競馬になってきそう。

 

であれば進路やポジションの取り合いに巻き込まれることはそうそうないかと思いますので、周囲の馬との兼ね合い等も含め、ひとまず枠の内外を見てどうこうと言うことは無いでしょう。

 

 

さて、2歳夏に発症した屈腱炎によって超長期の戦線離脱を強いられてしまっていたアレアシオンが、1年と27日ぶりの実戦に臨む時が来ました。

 

前述のアクシデントによって順調さを大きく欠いたものの、本馬が(陣営内ではキャッツアイの孤軍奮闘が続く)現3歳世代の中核として期待される一頭であるのは間違いのない所で、実際に故障前の手応えや血統背景を見ても順調であれば既に勝ち上がっていて然るべき存在と思えるだけに、3歳夏の未勝利戦の相手関係の中で素質で見劣ることは無いはず。

 

ただ、何しろこちらには屈腱炎による1年以上のブランクという大きなハンデがありますので、ここは中央で未勝利戦を勝ち上がる最後の機会と理解はしつつも、まずは(着順着差がどうこうと言うより)無事の完走と帰還を第一として考える鞍、と言ってしまって良いでしょう。

 

そんなわけで、明日の新潟競馬場では長期明けという弱みを抱える中でもしっかりと走り切ってもらい、願わくばその中で今の状態で出来るだけの頑張り、今後の行く先が少しでも明るくなるような走りを見せてもらえれば、と思います。