Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(9/3)アレアシオン、再始動の一戦へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

アレアシオン

 

20.09.03


9月6日(日)新潟4R 3歳未勝利(ダ1800m)に木幡育也騎手にて出走予定。


「古傷への負担、そしてトモの頼りなさなど、一進一退といった状況が続く中ではありますが、昨日は坂路で53秒台。雨が降った後でしたし、終いに時計を要したのは仕方がないところでしょう。併せた2歳馬よりは良い手応えにありましたし、幸いなことに追い切り後も何とか我慢が利いていますからね。あとはしっかりとケアを施し、レース当日を迎えられればと思います」(尾関調教師)

 

 

今週末の新潟戦での復帰に向けて調整が続けられていたアレアシオンですが、水曜日にはレースに向けての最終追い切りとして坂路での併せ馬を消化して態勢を整え、日曜日の未勝利戦・9月6日(日)新潟4R 3歳未勝利(D1800m)への出走も確定させてきました。

 

その最終追い切りではレースでもタッグを組む木幡育也Jを背に4F=53.6-13.6を計時、相変わらず「一進一退といった状況が続く」中での攻めでも大分良くなってきているようですし、鞍上が軽量の騎手&併走相手が格下の2歳馬とはいえ、良い手応えのままでも併せ馬の形になってきたのは何より。

 

とはいえ今回は屈腱炎明けかつ如何にも時間が足りていない中での再始動、出来自体は六分七分が良い所とは思いますので、レースに行っても着順着差は二の次に、まずは無事の完走と帰還を第一として頑張ってもらえればと思います。