Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(8/30)スノージュエリー、やはり厳しく

 

先週末の日曜札幌4レース、8月30日(日)札幌4R 3歳未勝利(芝2000m)に出走したスノージュエリーは13着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

スノージュエリー

 

20.08.30


互角のスタートから道中は中団の内を追走して行くも、4角より徐々に手応えがなくなってしまい、直線を迎えて失速。結果13着での入線となっています。


「3コ-ナーまではいい感じで走れていましたが、鞍上によれば、『思っている以上に馬場がボコボコで、ペースが上がってから脚を取られてしまい、末脚を伸ばすことができなかった』とのこと。残念な結果になってしまいました」(根本調教師)


◆希望していた1500m戦への出走が叶わず、中距離への出走を余儀なくされた上に、降雨による重馬場での競馬。本馬には負担の大きいレースになり、この敗戦によって事実上の未勝利番組終了を迎える形となってしまいました。なお、誠に残念ではございますが、今回のレースを最後に現役続行を断念する方向で調教師と協議を進めていくことになりました。(HTC)

 

 

…という事で、スノージュエリーの今夏2戦目は、勝ち馬と3秒6差の13着(10番人気)という結果に終わりました。

 

ここは「希望していた1500m戦への出走が叶わず、中距離への出走を余儀なくされた」結果の大敗という事ですが、(前走の内容から仮に1500m戦への出走が叶ったとしても続けての好走には疑問符が付けられたこともあって)舞台設定の変化による変わり身に期待して送り出した一戦、という一面があったのも確か。

 

それだけに多少のリスクを取ってでもリターンを取りに行ったが故、一か八かの賭けで悪い目が出た結果の着という感じではあり、直接の動機が出走権の問題という消極的なものだった事はともかく、私個人としては納得のいく最終戦でした。

 

 

そして今後についてですが、「今回のレースを最後に現役続行を断念する方向で調教師と協議を進めていく」という事で、この後は中央に残っての格上挑戦や(再ファンドを前提とした)地方への転出ではなく、中央登録の抹消をもって現役を退く方向となっているよう。

 

ただ、これについては出所の分からない情報がいくらかあって現時点では今後の動向がいまひとつ掴みきれませんので、まずは週中の近況更新、確定情報となるクラブ側からの公式発表を待ちたいと思います。