Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(8/30) ディメンシオン、有終の美を

 

起稿が遅くなってしまいましたが、この後の札幌戦・8月30日(日)札幌11R GⅢキーンランドカップ(3歳以上オープン、芝1200m)で我らがディメンシオンがラストランの時を迎えます。

 

ここでの枠順は8枠15番

 

今回と同じスプリント戦だった2走前のGⅢCBC賞では外枠が響いて終いの脚を伸ばすことが出来ず、捲土重来を狙う今度こそは内目の枠が欲しかったのですが…

 

あらためて見ると近走は二桁枠番が続き、特に昨年暮れのGⅢターコイズSからは7走の間に一桁番を引いたのは出走取り消しとなったGⅠヴィクトリアマイルと勝負所でスムーズさを欠いた前走・GⅢ中京記念の2回のみという偏重ぶり。

 

思えばこの辺りの不運も成績が安定しない近況の一因になったかと思いますが、ここと決まってしまった分には仕方のないことですので、最後の試練として乗り越えてもらいたいと思うばかりです。

 

 

さあ、西の総代として出資馬陣営を引っ張り続けてきたディメンシオンが、デビューから20度目のレースにして12度目の重賞挑戦、そしてそのキャリアにピリオドを打つ最後の1戦として、GⅢキーンランドCでの重賞奪取に挑みます。

 

こうして過去の戦歴を数字として見ると、キャリアの中での出走数で重賞戦が過半(同期のクレッシェンドラヴですら6重賞/22戦)というのも凄い話で、あらためて2017年3月からの4年5か月、大きなレースや強敵たちへの挑戦を続けたこの馬の存在がいかに大きかったか、というのを顕されたような気持ち。

 

一方でこれまでの蹄跡、11度の重賞挑戦の中で2・3・4・5・6・7着と上位の着を軒並み取り尽くしながら最も価値のある「1着」のみが埋まっていないのはもどかしい限りで、願わくば今回のレース、自身最後の出走となるこの一戦で最後に残ったピースを埋めて、大団円の下に競走生活を終えてほしいもの。

 

もちろん今回は繁殖入りに向けてのラストラン、無事の完走と帰還は大前提としながらも、出来る事なら4年間の競走生活の集大成となるレース、引退の花道を飾る最後の劇走を見せてもらいたいと思います。