Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(8/27)ディメンシオン、最後まで強気に

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

ディメンシオン

 

20.08.27


8月30日(日)札幌11R キーンランドC(GⅢ・芝1200m)に松田大作騎手にて出走予定。


「段々とコンディションの維持が難しくなってきている感じですが、そんな中にあって馬に落ち着きがありますし、飼葉も食べてくれている状況。動き自体も決して悪くないものでした。レースに使うからには負けに行く気などこれっぽっちもありませんので、最後のひと踏ん張りで結果を残してあげられればと思います。そして何より、無事に回ってきて欲しいですね」(藤原英調教師)

 

 

今週末の札幌戦・8月30日(日)札幌11R GⅢキーンランドカップ(3歳以上オープン、芝1200m)でのラストランに向けて滞在のまま調整が続けられているディメンシオンですが、水曜日には現地の芝コースで最終追いとなる時計を出して態勢を整え、同レースへの出走も確定させてきました。

 

その水曜日の追い切りではレースでもタッグを組む松田大作Jを背に5F=64.6-12.3を計時、また時計だけでなく動きも良かったようで、慣れない環境の下に置かれてのコンディションの低下、そして年齢的な衰えについても気にする必要はなさそうですね。

 

そしてまた、引退レースと言えども「レースに使うからには負けに行く気などこれっぽっちもありません」という藤原先生の談も心強い限りで、これまでと同じように今回もレースに行っての躍進躍動、悲願の重賞制覇へと前向きに挑んでいくことが出来そう。

 

そんなわけで(?)、今週末のレースでは無事の完走と帰還を大前提としつつ、最後の主戦となった松田大作Jやお世話になった厩舎陣営の方々と共に4年間の競走生活の集大成となる最後の大仕事、ラストランでの大願成就に期待したいと思います。