Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(8/27)キャッツアイ、このまま続戦へ?

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

キャッツアイ

 

20.08.27


栗東トレセン在厩。日曜日に坂路で54秒台、今朝ウッドにて長めから追い切られています。


「その後も爪や歩様に異常はなく、金曜日の普通キャンターを経て、日曜そして今朝と速めの時計をマーク。9月6日(日)小倉12R 1勝クラス(ダ1700m)への出否については、今週末と来週の動きを見てからの判断となりますが、できれば小倉のコースで走らせてみたいと考えています」(小崎調教師)

 

 

先週の調教中に一頓挫あって追い切りを取りやめ、小崎先生から「場合によっては、秋競馬からの始動に予定を変更することになるかも」という談も出ていたキャッツアイですが、その後は週末・今朝と再び時計を出しており、ひとまず左前の爪へのダメージが尾を引くことは無かったよう。

 

それでも(当初から目標としていた)来週末のレースへの参戦については「今週末と来週の動きを見てからの判断」になるようですが、過去の競馬内容から「できれば小倉のコースで走らせてみたい」ということもあり、現時点では来週末の小倉戦・9月6日(日)小倉12R 3歳以上1勝クラス(D1700m)への出走に前向きな姿勢のようですね。

 

先週の段階では(元々の予定とは少し違うレースへの参戦だった事もあって)再調整からの秋始動でも問題ないかなという気持ちでいましたが、今回のアクシデントは一過性のトラブルとして小崎先生から調整の継続と同レースへの出走にGOサインが出るのであれば、それはもちろん大歓迎。

 

とはいえ現段階でキャリア3戦と大事に使ってきている3歳の牝、先の長い馬で無理は禁物という思いも勿論ありますので、最終的な押し引きの判断は今週来週の調整の中で心身のコンディションを着実に見極め、馬の状態をしっかりと掴んだうえで下していただければと思います。