Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(7/18)カイザーノヴァ、一気の重賞挑戦

 

近況の方でもお伝えした通り、本日の函館競馬メインレース・7月18日(土)函館11R GⅢ函館2歳ステークス(2歳オープン、芝1200m)に我らがカイザーノヴァが出走します。

 

ここでの枠順は4枠6番

 

初戦と同じ偶数番、かつ内にも外にも極端に振られていない枠というのは良いと思いますし、メンバー構成から先行争いの激化が必至な一戦という事もあって、切り返す手間はそこまでかからないはず。

 

加えて、ここは人気を集めそうな馬たちが軒並み外目に固められた印象もあり、これが先行争いの激化もしくはモンファボリの圧勝で他の先行勢が総崩れという流れを呼べば本馬の差し脚が存分に活きる競馬になるのではとも思いますから、これは総じて色気を持ちやすい、なかなか面白い枠の並びになったかなと思います。

 

 

さあ、先週の競馬で父産駒の一番星となったばかりのカイザーノヴァが、初戦勝ちの余勢を駆って勢いそのまま重賞戦へと挑戦します。

 

その初戦は(課題の一つと見られていた)発馬こそしっかり決めたものの、そこからは二の脚の遅さあり、追い出してからの頭の高さもあり、抜け出してから遊ぶ面もあり、更には行儀の悪さで他馬に迷惑をかけてしまうシーンまでありと、お世辞にも優等生な競馬であり勝ち方とは言えないもの。

 

それだけに、世代の重賞一番手となるこのレースで求められる「完成度の高さ」という部分でこの馬を推挙するのは難しいように思いますが、一方でこの荒さこそが魅力という意見も多分にあるようで、特に見た目にも派手な差し切り勝ちを演じたことに対するポジティブな声は非常に多い印象。

 

実際、レース後の専門各誌や各メディアを見てみると、父産駒の一番星という話題性を抜きにしても勝ちぶりの鮮やかさについて評価するものは多かったことですし、今回の下馬評でも(断然の主役と目されているモンファボリを追う)2番手集団の中では主力級と目されているようにも見えますからね。

 

とはいえ、実際問題として現状まだ「心身ともに荒削り」を通り越して原石がそのまま走っているような状態ですし、この「現時点での完成度の低さ」というのは先々に向けての伸び代とはなるものの、この一戦で勝ち負けを図る上では不安材料。

 

ただ、一方ではそういう面があるからこそ、もしこの完成度のままに重賞でも好走などしてしまったら更なる良化が見込める次走次々走では一体どこまでパフォーマンスを上げるのか、そして先々はどこまで行ってしまうのか等々、先に向けての楽しみをもって見ることが出来る一戦という事になりますから、ここで見せる走りからこの先でのさらなる変身や本格化をも夢想しつつ、まずは現状での力量を測っていければと思います。