Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(7/12)見せた貫禄!クレッシェンドラヴ、GⅢ七夕賞・優勝!

 

本日の福島競馬11レース・7月12日(日)福島11R GⅢ七夕賞(3歳以上オープン・芝2000m、ハンデキャップ競走)に出走したクレッシェンドラヴは1着でした!!

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

20.07.12


差のないスタートから、前半は中団より後方を追走。3角過ぎからジワッと押し上げ、直線残り200mで先頭を窺うと、ゴール前で迫るブラヴァスを競り落とし、見事に重賞2勝目を挙げています。


「馬場も悪い(重馬場発表)ですし、スタート次第では先行馬を見ながらでもいいかと思ったのですが、思った以上に前に行けませんでしたので、そこは切り替えて、内に包まれずに馬場の良いところを走りたいと思ってレースを運びました。こういう馬場もこなせるとは思っていましたが、ここまで器用にこなせるとは思いませんでした。57kgを背負って堂々としたレース内容だったと思います。持ち前のスタミナで、しっかりゴールまで駆け抜けてくれると信じて乗っていました。自分のお手馬、上位人気馬でしっかり勝てて良かったです」(内田騎手)


「休み明けでテンションはやや高めでしたが、デキには自信がありました。馬場もこの馬向きになり、ジョッキーが本当にうまく乗ってくれたと思います。半年ぶり、57kgでもしっかりと結果を出してくれたように、着実に力を付けています。今後は良績のある福島コース以外でも頑張って欲しいですね」(林調教師)


◆難解で読み切れない馬場状態のなか、脚を取られないギリギリの所を回ってきてくれた鞍上のファインプレーも光り、直線でさらにもうひと伸び。57kgのトップハンデを克服しての嬉しい重賞2勝目となりました。なお、このあとは、「まずは馬の状態を見ながら、慎重に年内のローテーションを検討していきたい」(師)と思います。(HTC)

 

 

…ということで、今年のGⅢ七夕賞ではトップハンデも何のその、我らがクレッシェンドラヴが昨年の忘れ物をしっかりと回収してくれました!

 

その勝因としてはまず、当地の芝が(先行有利の馬場バイアスが見えていた土曜日の馬場状態から)降雨によって一変して重めが残るコンディションの外差し優勢馬場になってくれたこと、これは間違いなく大きかったかなと。

 

それでも(馬場状態の違いこそあれど)61.3という前半5Fの通過タイムは昨年より3秒以上遅いもので、実際にハナを切ったパッシングスルーと2番手に付けたウインイクシードはしっかりと上位に残っているなど、決して後方にいた馬たちに利のあるレースという訳ではなかったはず。

 

 

まして今回は前出のように斤量設定が57㎏と昨年よりも2kg重く、また斤量差で言えば直線の伸びで抑え込んだ2・3・4着の馬はハンデがそれぞれ55・54・55kgと57kgを背負っていたクレッシェンドラヴとは2~3kgの斤量差があった馬たちでもあり、それらを相手に他の馬をアテにする事もなく地力で立ち回ったうえ、最後には併せ馬の形から体一つ分しっかりと抜けてみせるのですから、これはもう着差以上の力差を見せつける勝利、重賞ウィナーの貫録を見せての完勝と言って良いでしょう。

 

そしてもちろん、馬を信じて内に進路を取った鞍上の内田博幸Jの好アシストも光る勝利だったと思いますし、その内田Jは前走の負け方で色々と言われていた事もありましたから、この勝利に対する思いもひとしおなのではないでしょうか。

 

ともあれ、これで昨年末から憑いていた悪いものはしっかり落ちたと思いますし、ここから始まる下半期の競馬ではこれに加えて更に1つ2つ、あるいはもっと上のグレードのタイトルを獲ってほしいもの。

 

 

そんな下半期の始動戦(もしくはサマー2000シリーズ優勝を目指しての転戦も?)については「馬の状態を見ながら、慎重に年内のローテーションを検討していきたい」という事のようですが、いずれにしても今秋には昨年に進出の叶わなかった大舞台が現実的な目標として大きな存在感を放ってくると思いますから、更なる大舞台への挑戦に向けてまずは過ごし慣れた場所でしっかりと英気を養い、今秋の更なる飛躍の下地を整えておいてもらいたいと思います。