Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(7/12)エレナレジーナ、不運を乗り越えて

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

20.07.09


7月12日(日)函館8R 1勝クラス(芝1200m)に水口優也騎手にて出走予定。


「今朝、ウッドチップコースにて半マイル15-14程度を消化。ここでの動き次第では、来週まで待たずに中1週でもイイかなと思っていましたし、実際に状態も上がってきている様子ですからね。稽古の動きなどをしっかりと確認した上で今週末の出走を決めました。前走時から続く体調の良さが、レースにもつながって欲しいところです」(加藤征調教師)

 

 

表題の通り、明日の函館競馬8レース・7月12日(日)函館8R 3歳以上1勝クラス(芝1200m)に我らがエレナレジーが出走します。

 

ここでの枠順は8枠10番

 

つい2週前のレースでも同じ8枠からのスタートで後手に回される形となってしまい、結果として当時「今回は外枠の不利が全て、次回は普通の枠であらためて」と結ばれることとなっていただけに、まさか続けて紫帽を宛がわれてしまうとは…

 

何ともツキがない感じがしますが、ひとまず当時との比較だけで言えば開催が進んで多少なりとも馬場バイアスが変わってきているのはひとつ好材だと思いますし、馬自身にも久々を叩かれての内外の変化というのは出ているはず。

 

特に、後者に関しては「動き次第では、来週まで待たずに中1週でもイイかなと思っていました」ということで、陣営としても「この動きなら」という所はあるのでしょうから、ここは内外の調子の良さをもって再びの外枠発進という試練を乗り越え、今度こそは現級上位の地力を示す競馬を見せてもらいたいと思います。