Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(7/5)ディメンシオン、新味が出れば

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の阪神競馬メインレース・7月5日(日)阪神11R GⅢ CBC賞(3歳以上オープン・芝1200m、ハンデキャップ競走)に我らがディメンシオンが出走します。

 

 

ここでの枠順は7枠14番

 

内回りの1200m戦はコーナーまでの距離が短く基本的に内目の枠に有利が付くうえ、競馬の形としても前走のように位置を取って進めていくのであれば、もう少しでも内目が良かったかなあというのが正直なところ。

 

ただその一方、ここは行きたい馬が内目に集まった印象があり、これで各々が行き切る形に色気を出す=先行争いに決着がつかないようであれば、つられて馬群もある程度には縦長の形になってくれそう。

 

それであれば取り付くポジションを選べば極端に外を回されることはないと思いますし、元よりここは初距離のレースで初速で遅れた時にどうかという問題はありましたから、外目とはいえ変に揉まれる事の無さそうな枠を引き当てられた、とポジティブに捉えることにしたいです。

 

 

さて、ここまで重賞戦を7度使って2・3・4・5・6着がそれぞれ1回ずつとタイトル奪取が目前に見えているディメンシオンが、「7月5日(日)阪神11R CBC賞(GⅢ・芝1200m)をステップに、19日(日)阪神11R 中京記念(GⅢ・芝1600m)に向かう」という帰厩当初から示されていたローテーションの一段目、GⅢ・CBC賞に臨みます。

 

そんな事情もあって今回は結果がどうこうと言うよりは使う事による上積みを求める一戦、次回に向けての仕込みが主となるレースという位置付けのようにも思えますが、翻って相手関係を見てみるとここは主軸が不在の混戦模様でハンデも手頃と、「叩きの一戦」でも色気が出てきてしまう組み合わせ。

 

また、夏季の競馬では3歳時の未勝利勝ち、4歳時に見せた怒涛の連勝劇、そして昨年の重賞戦の連続好走と、他の時期と比べて更に一段上のパフォーマンスを見せてくれているイメージ。

 

それだけに、悲願のタイトル奪取に向けてこの「最後の夏」にかける思いはひとしおですから、牧場にタイトルを持ち帰るために、また明日は函館で作られた良い流れを福島の若駒2騎に繋げるためにも、前回に引き続いての力走を期待したいと思います。