Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(7/2)エレナレジーナ、このまま続戦へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

エレナレジー

 

20.07.02


函館競馬場在厩。まずはレース後の様子見が行われています。馬体重426kg(6/30測定)


「久々のレースを終えた後ですが、今のところ馬体にこれといった問題やダメージはありません。よって、このまま函館に滞在し、中2週での競馬を意識。7月18日(土)函館9R 1勝クラス(芝1200m)への続戦に向けてさらに様子を窺い、調整を進めていければと思います」(加藤征調教師)

 

 

長欠明けの初戦だった先週のレースは残念な結果に終わってしまったエレナレジーですが、ひとまず久々の実戦を終えても大きな反動は無かったようで、この後は「このまま函館に滞在し、中2週での競馬を意識」していくよう。

 

当地に入った直後から「気候が合う」と言われていた環境面はもちろんのこと、馬格の維持も課題となるだけに滞在での続戦にも好感が持てますし、洋芝に続けて使うというの当然良いはず。

 

あえて贅沢を言うならば同じ半周戦なら函館よりも札幌の方が…という思いはありますが、1200m戦に使った近2走は馬場や枠順が敗因のようにも思え、舞台を整えたうえでもう一度見てみる価値はあると思いますから、来週末のレースではフラットな条件の下、今度こそは力を出し切る競馬が出来ればと思います。