Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

週末の特別登録(7/5)ディメンシオン、GⅢ・CBC賞に特別登録

 

JRAのホームページにて、ディメンシオンが出走を予定している来週末の日曜阪神メインレース・7月5日(日)阪神11R GⅢCBC賞(3歳以上オープン・芝1200m、ハンデキャップ競走)の特別登録馬が発表されています。

 


2020年7月5日(日)4回阪神2日

第56回 CBC賞(GⅢ)  第1回特別登録 18頭

 

3歳以上 (国際)(特指)

オープン ハンデ 1200m 芝・右


アウィルアウェイ
アンヴァル
イベリス
エイシンデネブ
グランドロワ
クリノガウディー
ジョイフル
ショウナンアンセム
ダイシンバルカン
タイセイアベニール

ディメンシオン
ディープダイバー
ナインテイルズ
ノーワン
ミッキースピリット
ラブカンプー
レッドアンシェル
ロケット

 

(ハンデ戦のため斤量未定)

 


…ということで、来週末の阪神競馬場で我らがディメンシオンと一戦を交えることになる可能性のあるメンバーが発表されました。

 

まずローテーション的な前提として、今回は取消明けかつ中京記念への続戦をレース前から視野に入れつつ臨む一戦、次に向けた「叩き」であり「仕込み」の面を持ったレース。

 

したがって今回はあまり気負うことなく、ここで1200m戦の流れを経験したことが次回への糧となってくれれば…というくらいの気合持ちで良いかなという鞍なのですが、今年に入ってGⅠ級の相手に揉まれてきた影響もあってか今回は少し相手が軽く見えてしまい、常識的に言えば「狙いは次」の一戦であっても、「ディメンシオンの地力があれば、適性次第でもしかしたら…」という欲が出てくる顔合わせなんですよね。

 

もちろん幻のGⅠ馬クリノガウディーや重賞ウィナーのアウィルアウェイは間違いなく強敵なのですが、この2頭は共に重馬場の高松宮記念で目一杯に走った後でもあり、かつ実績から負担重量も相応に積まれそう(「1位入線後4着降着」が斤量決定時にどういう扱いを受けるのかは分かりかねますが…)な存在で、付け入る隙は十分にあるはず。

 

 

いずれにしても今回の挑戦、6歳にして遂に解禁となったスプリント戦への参戦が今まで見られなかった新しい面を引き出してくれるのではという期待は大ですから、ここから先も天候や枠順、もちろんハンデキャップも気にしつつ、サマーシリーズの幕開けとなる週末のレースを楽しみに待ちたいと思います。