Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(5/27)エレナレジーナ、待ちかねた帰厩

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

20.05.27


リバティホースナヴィゲイト在厩。きのう2F15-15をマーク。明日のトレセン帰厩が予定されています。馬体重452kg(5/23測定)


「先週後半は馬場コンディションがあまり良くなかったため、トレッドミル中心の調整となりましたが、今週は通常のメニューでしっかりと。速めを取り入れている分、ややテンションが高くなってきたものの、これは馬に気持ちが入ってきたものと良い方向に捉えています」(佐久間代表)

 

20.05.28


本日、美浦トレセンに帰厩しています。


「まずは様子を見ながらですが、函館もしくは福島開催の芝1200m戦を目標に調整を進めていこうかと思っています」(加藤征調教師)

 

春先の一頓挫によって外厩先に逆戻りとなっていたエレナレジーが、美浦加藤征弘に戻ってきました。

 

その復帰目標は「函館もしくは福島開催の芝1200m戦」という事で、前回(8か月前!)の中山戦に引き続き、次回も6F戦への挑戦となる公算が大のようですね。

 

その中山戦では序盤から後手後手の競馬になって勝ち馬から0秒7差の10着に敗退してしまいましたが、同じ1200m戦でも地力が求められる福島/函館の芝に変われば違う面が見られるのではという思いもあり、もう一度試してみようという方向になるのは納得。

 

それでも前走時から時間が経っていて「一度使っての慣れ」が見込み辛いのがどうか、同じく長欠明けで実戦勘と息持ちがどうか、他方では今夏こそは(デビュー勝ちの舞台である)札幌の半周戦での走りを見られたらなあetcetc思う事は多々ありますが、それよりも先ずは無事にレースを使っていける事、これが現状第一となる希望であり目標。

 

とにかく「過去1年で1度しかレースに使えていない」という事実が重く圧し掛かるものの、徐々にでも勘を取り戻していってくれれば1つ2つと勝っていける馬だと思っていますから、まずはここから先も怪我や頓挫の無いままに、順調さを欠くことなくレースへと向かっていってもらえればと思います。