Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(5/14)ディメンシオン、いざGⅠへ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

20.05.14


5月17日(日)東京11R ヴィクトリアマイル(GⅠ・芝1600m)に松田大作騎手にて出走予定。


「ここまでレースを使ってきている馬ですし、先週ある程度しっかりとやっていますからね。前走後の疲れの抜け具合なども加味しますと、もうそれほど強めはやらずにレースを迎えさせてあげるのが、出走に際して適した策であると考えます。ここを目標にずっとやってきたようなところもありますので、前走同様、この馬の力を出し切るような頑張りを見せて欲しいものです」(藤原英調教師)

 

 

各メディアの既報にある通り、我らがディメンシオンが今週の日曜東京メインレース、GⅠヴィクトリアマイルへの出走を確定させました。

 

当初は除外も心配されていただけに、上半期の牝馬No.1を決める大一番、それも昨年から目標として掲げ続けていた勝負の一戦への無事の出走が叶ったこと、これがまずは何より。

 

ただ、この中間は(これまでと臨戦過程の違いを加味しても)出した時計が明らかに少なく、レース当週の追い切りも「前走後の疲れの抜け具合なども加味しますと、もうそれほど強めはやらずにレースを迎えさせてあげるのが、出走に際して適した策」ということで、GⅠに向けての最終追いを「調整軽め」で済ませることに。

 

そういう事もあって(直接の明言がなくとも)現時点にあっても前走の疲れが抜けきっていないのは明白、それだけに状態面を楽観視することは出来ませんが、今回は以前から「ここを目標にずっとやってきた」一戦、かつ「万全の状態が整わないため回避」とも言えない大舞台。

 

これまでとのルーティーンの違いも含めて前走後の大小の調整、ここに至るまでの組み立ては今まで以上に難しいものになったかと思いますが、ひとまずテンションと目方の維持は出来ているようですし、あとはレースに行って「この馬の力を出し切るような頑張りを見せて欲しい」、陣営と共に只々そう思うばかりです。