Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

週末の特別登録(5/17)ディメンシオン、GⅠヴィクトリアマイルに出走登録

 


JRAのホームページにて、ディメンシオンが出走を予定している来週末の日曜東京メインレース・5月17日(日)東京11R GⅠヴィクトリアマイル(4歳以上オープン・牝馬限定戦、芝1600m)の特別登録馬が発表されています。

 

 

2020年5月17日(日) 2回東京8日

 

第15回 ヴィクトリアマイル(GⅠ)

第1回特別登録 19頭

 

4歳以上 (国際)牝(指定)オープン 定量 1600m 芝・左


アルーシャ      55.0
アーモンドアイ    55.0
コントラチェック   55.0
サウンドキアラ    55.0
サトノガーネット   55.0
シゲルピンクダイヤ  55.0
シャドウディーヴァ  55.0
スカーレットカラー  55.0
セラピア       55.0
ダノンファンタジー  55.0

ディメンシオン    55.0
テーオービクトリー  55.0
トロワゼトワル    55.0
トーセンブレス    55.0
ノームコア      55.0
ビーチサンバ     55.0
プリモシーン     55.0
メジェールスー    55.0
ラヴズオンリーユー  55.0

 


…ということで、今週末の日曜東京メインレース、GⅠヴィクトリアマイルディメンシオンと覇を競うことになるメンバーが発表されました。

 

1週前段階との比較で登録数の増減はありませんでしたが、このうち今週の新潟戦に使ったテーオービクトリーが回避の見込みとなり、変わって当初は除外対象だったトーセンブレスが出走枠に入る公算が大となった、というのが唯一にして最大の変化でしょうか。

 

そんなわけで(?)超強力メンバーが揃う事にもはや疑いはないのですが、そんな中で我らがディメンシオンにとって追い風となってくれそうなのが、今日のNHKマイルカップでも見られたような今開催の東京競馬の決着傾向。

 

先週・先々週とも少し違った傾向が出ていたものの先行決着が目立ったのは確かで、この変わりようを見るともしかすると馬場というより風の影響が強いのかなとは思いますが、馬場だとしてもディメンシオン自身スピードがあって速い時計にも対応できる馬。

 

であればいずれにしても好コンディションに変わりありませんし、元より現役最強格のアーモンドアイを同じ牝馬が負かすのは昨年の安田記念のように先行策からの粘り込み、力のある馬がロスなく運んだうえで終いの伸びを馬場や天候が後押ししてくれる…というくらいに運であり流れが向かない限り難しいと思いますからね。

 

もちろん当日のコンディションが週中の雨予報を含め気象・気候の変化からどうなっているのかは分かりませんが、とにかく馬場や天候を含めて出資馬として初めてGⅠの大舞台に挑むディメンシオンに少しでも運が向いてくれるよう、ここからの一週間は普段以上に日頃の行いを良くしつつ、気持ちも静かに高めながら日々を過ごしたいと思います。