Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(5/7)グランソヴァール、BSイレブン賞に向けて

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

20.05.07


美浦トレセン在厩。今朝、坂路にて54秒台を計時しています。


「前走後、最初の時計ですから、無理せず馬なりでサーッと。全体的に疲れは抜けてきていますし、今日の感じであれば、このまま続戦に向けて進めていけるのではないかと思います。レースは5月17日(日)東京12R BSイレブン賞(3勝クラス・ダ1400m)、鞍上はクリストフ・ルメール騎手を予定しています」(尾関調教師)

 

 

復帰戦を終えた直後だった先週の段階では今後の方向性について明言の無かったグランソヴァールですが、その後の回復具合にも問題は無かったようで、この後は示唆されていた来週末の東京戦・5月17日(日)東京12R BSイレブン賞(4歳以上3勝クラス、D1400m)への続戦を中心に進めていく事になったよう。

 

ここは定量戦に変わって(デビュー以来最高となる)斤量57㎏を背負う事になるのがどうかという所にはなりますが、同レースでの鞍上は「クリストフ・ルメール騎手を予定」しているということで、次回も尾関先生のキャスティング力、もとい鞍上の手腕による一押しは大いに期待できそう。

 

加えて、休養明けを一度使って中2週で次走へという臨戦過程は昨秋に東京で1勝クラスを勝ち上がった時と同じものですし、持っている能力自体も現級を勝ち上がるに足りるだけのものがあるのは確かだと思いますから、来週の日曜日は直前のGⅠヴィクトリアマイルに出走するディメンシオンと共に、東京競馬場に一大旋風を巻き起こしてもらいたいと思います。