Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(4/30)グランソヴァール、2週後のレースに続戦も?

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

20.04.30


美浦トレセン在厩。まずはレース後の様子見が行われています。


「いつものことではありますが、競馬に向けて調教で詰め込んで行っている分、少々トモに疲れがあるようです。今朝軽く乗ってみた感じでも、前肢の出に硬さはないものの、やはりトモはちょっとお疲れ気味の様子。これからどこまでの回復を見せてくれるかですよね。仮に続戦するのであれば、中2週で5月17日(日)東京12R BSイレブン賞(3勝クラス・ダ1400m)あたり。状態と相談をしながら、出否を検討していきたいと思います」(尾関調教師)

 

 

先週のレースではよもやの大敗を喫してしまったグランソヴァールですが、ひとまずレースを使っての大きな反動までは出ていないようで、どこかを悪くしてしまったようなことが無さそうなのはまず何より。

 

ただ、ここまでの乗り込みやレースでのダメージから「トモはちょっとお疲れ気味」という事で、以前から言われている「調教も含めて一所懸命走ってしまう」部分は未だ健在のようですね。

 

それだけに現状では他馬以上に小まめな立て直しが求められ、今回も続けてもう一度使えるかどうかという感じのようですが、この辺りの若さ・荒さというのは魅力の一つというか、今後の更なる飛躍に向けての伸びしろとして挙げられる部分。

 

結局は前走での予期せぬ大敗も経験の不足、この「若さ」が随所に顔を出した結果だと思いますので、次走として迎える舞台がどこであっても次は今回の敗北で得た経験を糧として、大敗からの着実な巻き返しと捲土重来の勝利とに期待したいと思います。