Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(4/30)ストームハート、まずは放牧へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ストームハート

 

20.04.30


本日、グリーンウッドへ放牧に出ています。


「レースで右前肢の外側をぶつけて帰ってきたようで、当初は気にする素振りを見せていましたが、昨日で治療が終わり、もう痛みは引いている様子。程度は悪くなく、着々と快方に向かっている状況です。ダート短距離の混合戦はレース数に限りがありますからね。ここは一度放牧に出し、適度に節をあけてから次走へ。回復状況や想定を見ながら、帰厩のタイミングを検討していきましょう」(野中調教師)

 

 

中央競馬への復帰戦となった先週のレースではまずまずの走りを見せてくれたストームハートですが、「レースで右前肢の外側をぶつけて帰ってきたようで、当初は気にする素振りを見せていました」ということで、激しいレースの中で手傷を負ってしまっていたよう。

 

現時点で患部の処置は終了済で経過も良好、「着々と快方に向かっている状況」という事でもありすが、その後は節を開ける意味もあって、一度グリーンウッド(栗東近郊のグリーンウッドT?)へと調整放牧に出されたようですね。

 

これで休養明けの復帰戦を一度使っての再放牧という事になりましたが、先週のレースはレースレベルも相手関係も今までで最上位、かつ最初から最後まで力一杯に走る競馬にもなったわけで、まずは患部の快復を含めた内外の立て直しが第一。

 

そのうえで、再び態勢を整えて臨む次走は陣営が適性を見込む条件「ダート短距離の混合戦」で更なる前進を見せてもらえればと思います。