Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(4/25)ストームハート、まずはメドを

 

週中にもお伝えした通り、明日の福島競馬9レース・4月25日(土)福島9R 4歳以上1勝クラス(芝1200m)に我らがストームハートが出走します。

 

ここでの枠順は3枠5番

 

内目の奇数番で少し窮屈そうな所を引いてきましたが、周囲の馬を見てみると自身の内2頭は初速があまり速くなさそう&自身のすぐ外側から何頭かはポジションを主張していきそうな枠の並びになった印象がありますね。

 

ここから陣営の談の通り「末脚を活かす競馬」を試行するのであれば、まずは序盤で野中先生が「1勝クラスでも通用する」と見込むテンのダッシュ力を活かして好位のインに潜り込み、中盤に入っても追走で脚を失うことないまま勝負所へと掛かっていき、そこからのペースアップにもしっかりと対応したうえで直線入り口で外に切り返して追撃開始…というのが理想的な流れになるでしょうか。

 

ただ、このうち「追走で脚を失わない」「流れの緩急に対応する」といった辺りは中央で未勝利戦を走っていた頃から課題となっていた部分、かつ「抑えて末を伸ばす競馬」自体が操縦性の部分まで含めて完全に未知数ですから、今回もまずは探り探りと言うか、中央1勝級の相手関係であり流れの中で競馬の形が作れるかどうかを見極めていくレースになるのかなと。

 

まあ、元より再転入からしばらくの間は試行錯誤の期間として厳しい戦いが続くのも覚悟の上ですので、その初戦となる今回もまずは大きく離される事なく回ってきてくれれば、ひとまずそれで合格点。

 

そしてその上で、出来る事ならある程度にでも今後にメドが立てられるような競馬、通用の手応えを掴めるような走りを見せてくれれば、と思います。