Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(4/9)グランソヴァール、東京戦に向けて美浦帰厩

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

グランソヴァール

 

20.04.07


本日、美浦トレセンに帰厩。4月26日(日)東京10R 鎌倉ステークス(3勝クラス・ダ1400m)に向けて、調整を進めていく予定になっています。

 

20.04.09


美浦トレセン在厩。今朝、坂路にて単走で追い切られています。


「途中から唸るのをなだめながらとなったため、予定よりも少々時計が遅くなりましたが、トモなど体に気になるところはなさそうですし、普段は落ち着いていますので大丈夫。放牧に出したとはいえ、そこまでレース間隔があいたわけでもありませんので、段々と息も出来てくるものと思われます。目標レースは4月26日(日)東京10R 鎌倉ステークス(3勝クラス・ダ1400m)、鞍上はダミアン・レーン騎手に依頼中です」(尾関調教師)

 

 

前走後は美浦近郊のスピリットFへと放牧に出ていたグランソヴァールが、美浦尾関知人厩舎に帰ってきました。

 

その復帰目標は2週後の東京戦、4月26日(日)東京10R 鎌倉ステークス(4歳以上3勝クラス・D1400m、ハンデキャップ競走)

 

また、同レースでの鞍上は「ダミアン・レーン騎手に依頼中」ということで、次回は短期免許で来日するD.レーンJが手綱を取ってくれる可能性があるようですね。

 

(あくまでも「依頼中」ということで)現時点でまだ確定という訳ではないようですが、血筋や厩舎からいつぞやの「ゼロカラノキセキ&J.モレイラ」のコンビを彷彿させる強力タッグでもあり、これは是非とも実現して欲しいもの。

 

他方、週中に発表されたのJRAの方策から(心情としては複雑ですが)ここは出走制限によって強力な関西勢が不在となるのも追い風と言えそうで、また前走の着順着差であれば再度のハンデ戦でも斤量がそう大きく増える事はないと思いますから、来たる次走は昇級戦から3着と気を吐いた前走以上の結果、オープン入りを決める勝利に期待したいと思います。