Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(3/26)ストームハート、福島開催を視野に栗東帰厩

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ストームハート

 

20.03.26


本日、栗東トレセンに入厩しています。


「ゲートおよびテンのスピードなど、レースセンスはある馬ですからね。地方でのあの勝ち時計でどこまでやれるかですが、転出中の経験の数々も後押しになってくれればと思っています。順調に行くようであれば、第1回福島開催の後半戦など、4月下旬頃の出走を意識していきたいところです」(野中調教師)

 

 

中央再登録を終えたストームハートが、半年ぶりに栗東トレセンに戻ってきました。

 

その復帰目標は「第1回福島開催の後半戦など、4月下旬頃の出走を意識していきたい」ということですが、(次走候補を福島戦に絞るとしても)具体的な日時はもちろんのこと、現時点ではダートの1150m戦に使うのか、それとも芝の1200mに使っていくのかすらも不明。

 

いずれにせよ、(中央時代に使った中では唯一入着の実績がある)5F戦が行われる新潟/札幌の開催を待たずに復帰戦を迎える事になるようですが、とかく競走距離が1メートルでも短い方が良いだろうというのは陣営としても存知のはずで、となれば初戦から勝ち負けに持っていこうというよりは、まずは中央1勝級での力関係の比較を見ていこうという感じなのかなと。

 

となれば復帰緒戦は「ゲートおよびテンのスピード」、(終いの粘りはどうあれ)テンのダッシュ力が中央の現級でどれだけ通用するかを図る競馬になるのかなと思いますし、それであれば芝スタートの半周戦という舞台設定自体はベターだと思いますから、まずは来たる次走で中央通用のスピードを見せ、その先の展望を明るくしてもらえればと思います。