Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(3/5)エレナレジーナ、久々の美浦帰厩

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

20.03.04


リバティホースナヴィゲイト在厩。週2回の速めを順調に消化、明日の美浦トレセン帰厩が予定されています。


「先週の土曜日にも3F42秒くらいで乗っており、その後も飛節の状態は問題なし。心身ともにフレッシュな状態になっていますので、あとはトレセンでの調教により長期休養の緩みが取れてくれば、動きもさらに良くなってくるものと思われます。復帰戦が楽しみですね」(佐久間代表)

 

20.03.05


本日、美浦トレセンへ帰厩。4月の福島開催での復帰にむけて、調整を進めていく予定になっています。

 

 

昨年9月の中山戦を最後に戦列を離れていたエレナレジーが、およそ半年ぶりに美浦加藤征弘に戻ってきました。

 

この放牧期間には戦線離脱の直接の要因となった飛節後腫の快復に加え、以前からの課題でもあった馬体面のボリュームアップがもう一つのテーマとしてあったかと思いますが、移動直前時点での馬体重は462㎏、前走時の数字と比較して48㎏増という中々の数字に。

 

流石にここからトレセンレベルでの乗り込みが始まるといくらか絞れて来るのは間違いないのでしょうが、それでも復帰戦には二桁の体重増で臨んでいけるはずと思いますし、寂しかった馬体面に充実が見られることは何より。

 

また、復帰のタイミングについては「4月の福島開催」が目標となっているという事で、パワーを求められる馬場での短芝戦は本馬にはぴったりの条件だと思いますから、消化不良のまま不本意な一年に終わった昨年の雪辱の意味も込めて、まずは次走での2年越しとなる白星奪取を期待したいと思います。