Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(2/6)キャッツアイ、いよいよ実戦へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

キャッツアイ

 

20.02.06

 

2月9日(日)東京3R 3歳新馬(ダ1600m)に岩田康誠騎手にて出走予定。馬体重468kg(2/4測定)


「先週しっかりやっていますので、今週はもうサーッと。一度の除外は織り込み済みでしたし、影響なく変わらずにきていますよ。輸送は初めてとなるだけに何とも言えませんが、普段から落ち着いている馬ですし、悪さをするようなところもありませんので、普通であればクリアしてくれるのではないでしょうか」(小谷助手)

 

 

今週末の東京戦・2月9日(日)東京3R メイクデビュー東京(3歳新馬・D1600m)でのデビューに向けて調整が続けられてきたキャッツアイですが、水曜日に坂路での最終調整を済ませると出走に向けての抽選も無事に突破し、同レースへの出走を確定させてきました。

 

一度の除外は織り込み済」という小崎先生の談もそうですが、この中間の調教メニューもこのタイミングでの実戦投入を意識して組まれていたものだったと思いますし、陣営の狙い通りに今週の出走、無事の抽選突破が叶ったというのがまずは何より。

 

また、陣営の談と言えば「初戦から動けそう」「やれそうな雰囲気がある」という小崎先生の見立ても心強く、加えてここは評判馬や追い切りで超抜の動きを見せている馬が不在に思える相手関係でもあるだけに、これならば遠征競馬での混合戦でも面白い所がありそうですよね。

 

勿論そう簡単にいかないのが競馬というモノではありますが、キャッツアイの母スイートマカロンはこれまで堅実に勝ち馬を出しつつ上位クラスでの活躍が期待される馬をも送り出しているクラブきっての名繁殖で、この5番仔キャッツアイもやがては半兄半姉にならい、着実に走ってきてくれるのではという期待は大。

 

実際、「現3勝クラスのグランソヴァールの半妹」という肩書の下、どうやらここは初戦からそれなりに上位の人気を集めながらの出走という事にもなりそうですから、今週末のレースでもまずは無事の出走と完走を第一としつつ、出来る事ならば今後に向けて収穫のある走り、初戦からでも内容のある競馬を見せてくれれば、と思います。