Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(2/6)スノージュエリー、東京戦を視野に

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

スノージュエリー

 

20.02.06

 

美浦トレセン在厩。昨日は南のダートで普通キャンター、今朝ポリトラックにて追い切られています。


「この馬なりに少しずつ良くなってきているようですね。レースは2月15日(土)東京5R 3歳未勝利(芝1400m)もしくは2月22日(土)東京5R 3歳未勝利(芝1600m)を視野に。藤田菜七子騎手は小倉での騎乗になりますので、今回は別のジョッキーでの出走となります。これまで同様、減量騎手を起用していきましょうか」(根本調教師)


「出掛けなどに硬さのある馬ですが、体が温まってくれば大丈夫。少し長めにウォーミングアップを行い、ほぐすように進めています」(根本助手)

 

 

引き続き美浦で調整が続けられているスノージュエリーですが、今朝にはPコースでの併せ馬を消化するなど精力的に乗り込みを続けられ、レースに向けての態勢を整えてきています。

 

その目標は今開催の東京戦、「2月15日(土)東京5R 3歳未勝利(芝1400m)もしくは2月22日(土)東京5R 3歳未勝利(芝1600m)」あたりが候補になっているとのことで、次回も今までと同じように、自身のコンディションや相手関係を見ながら東京芝の短いところを使っていこうという構え。

 

その次走では過去4戦の全てで手綱を取っていた藤田菜七子Jからの乗り変わりが決まっているようですが、細かな人選については「これまで同様、減量騎手を起用していきましょう」ということで、今朝の追い切りにも跨っていた野中Jなどは有力な候補という事になりますでしょうか。

 

また、調教メニューに目を向けても足下を走り慣れたPコースに戻した近2週の追い内容、特に併せで大差先着となった今朝の動きは決して悪いものではなく、陣営サイドもここに来て「少しずつ良くなってきている」手応えを掴めているようなのは好感。

 

そして、これで陣営の見立て通り出走態勢についても大分整ったように見受けられますので、乗り込みを積んで迎える次走は今年の初戦として昨秋からの着実な前進が感じられる競馬、そして出来る事なら今後に向けてメドを立てる以上のレースを見せてくれれば、と思っています。