Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(1/23)キャッツアイ、動き上々

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

キャッツアイ

 

20.01.23


栗東トレセン在厩。昨日、ポリトラックにて併せ馬で追い切られています。馬体重472kg(1/21測定)


「事前に予想していた通りの感触。5Fで65秒台が出ているように、よく動けている方だと思いますよ。脚元などに心配のない馬ですし、ここまでは何ら問題なく順調にきています。とりあえず、2月2日(日)東京4R 3歳新馬(ダ1600m)から投票していきますが、除外による優先権を持っていない馬はジョッキーの確保からして楽ではない状況ですからね。よって来週の出走が叶うかどうかは…。上のグランソヴァ―ルが走っているだけあって、この馬もやれそうな雰囲気を持っています」(小崎調教師)

 

 

来月のデビューに向けて栗東で調整が続けられているキャッツアイですが、 今週は水曜日にDPコースでの併せ馬を消化するなど引き続き順調に乗り込みを続けられ、レースに向けての態勢を着々と整えてきています。

 

個人的な所見として、東西問わずPコースでの攻め内容であり追い時計はあまり気にしないようにしているのですが、それでも陣営サイドとして納得のいく追い切りが消化できているのは事実のようですし、ケイコでの動きを見ての「よく動けている方」「やれそうな雰囲気を持っています」という小崎先生のお言葉は心強い限りですね。

 

そんな中、いよいよ来週末に控えた新馬戦への出否はかなり微妙な情勢のようではありますが、陣営サイドとしても(当初から分かり切っている事でもあり)多少のスライドは織り込み済かと思いますので、ここから先も怪我や頓挫の無いままに昨秋から続くリズムの良さ、好調の波を維持したままデビューの時を迎えてもらえれば、と思います。