Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(1/9)クレッシェンドラヴ、まずは放牧へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

20.01.09

 

本日、テンコートレーニングセンターへ放牧に出ています。


「レース後は引き運動のみで馬体や歩様をチェック。ひとまず大きなダメージは見られませんが、ここはリフレッシュが必要になってくる状況ですし、いったん牧場に出して分かることもありますからね。放牧先での回復状況や様子などを見ながら、次走の目標を決めていければと思います」(林調教師)

 

 

先週のGⅢ中山金杯では1番人気の支持を受けながら7着に終わってしまったクレッシェンドラヴですが、レース後はこれまでの流れに則り、今回もまず福島のテンコーTCへと放牧に出されたよう。

 

その中山金杯は(色々な要因があったとはいえ)分かりやすく脚を余しての敗戦で、やはりと言うか専門誌等では「負けて強し」の評が目立ちますが、そも今さら鼎の軽重を問う事は無用と思いますので、次回こそはこの馬が持っているポテンシャルの高さ、能力の高さを結果へと結びつけ、大舞台への進出に向けて再び軌道に乗っていって欲しいもの。

 

そのためにも、まずは住み慣れたテンコーTCの環境下でしっかりと心身を休め、再度の飛躍に向けて英気を養っておいてもらいたいと思います。

 

 

画像