Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(12/14)ディメンシオン、枠に泣き大敗

 

先週土曜日の中山競馬メインレース・12月14日(土)中山11R GⅢターコイズS(3歳以上オープン・芝1600m・牝馬限定戦・ハンデキャップ競走)に出走したディメンシオンは11着でした。

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

ディメンシオン

 

19.12.14


横一線のスタートから、前半は中団の後ろ。3~4角より大外を回って先団まで押し上げましたが、直線で脚が上がってしまい後退。結果11着での入線となっています。


「外枠がすべて。終始外々を回らされる格好になりましたので、さすがに厳しくなりました。内枠だったら、また違ったのですが…」(マーフィー騎手)


「鞍上も言っているように、今日は外枠がすべてでした。今は馬場が固いため、内を走れないと勝負にならないような状況ですからね。他馬がそうであったように、仮に外枠から好位を取りに行っても、結局のところ厳しくなってしまいますので…。内枠なら、また大きく違っていたのではないでしょうか」(藤原英調教師)


◆中山のマイル戦だけに内枠からロスなく好位につける競馬が理想でしたが、15番枠から互角のスタートとなっては分が悪く、直線を迎える頃には脚を使い切る形となってしまいました。なお、このあとは、「レース後の馬の様子を確認した上で1月5日(日)京都金杯(GⅢ・芝1600m)に登録を行い、出馬状況を窺っていく」(師)予定になっています。(HTC)

 

 

 

画像

 

 

・・・ということで、ディメンシオンの今年4度目の重賞挑戦は、残念ながら11着という結果に終わってしまいました。

 

いやいや、久々に大きな着を取ってしまいましたが、今回は陣営や鞍上の談にもあるように、「外枠がすべて」の内容と結果。

 

レース内容としては勝負所で大外を回らされるロスが響き、特に4角で押し上げていったところで1番人気のシゲルピンクダイヤに内をカバーされたことで万事休すとなってしまったわけですが、そのシゲルピンクダイヤにしても最後はイン・前のポジションで直線に向いた上位馬に大きく差をつけられていたわけで、結局の所は外差しの形での好走は元から無理筋、勝ち負けに持ち込むのは難しいレースだったというのが正直なところなのでしょう。

 

 

そんな中にあって、結果はどうあれ早めに動いた鞍上の判断も内に有利がついた状況下で勝ちに行くためのものだったと思いますし、総じて「外枠の不利を承知しながらも勝ちに行った分、甘くなって着順を下げた」というのが今回の競馬の全てだったように思います。

 

そんなわけで(?)今回は明確な敗因があっての敗戦ですし、また重賞路線では力不足という訳ではないというのも既に証明済ですから、大敗の後でも来たる次走で枠順や展開、馬場などの条件が向いてくれれば、しっかりと巻き返してくれるのではないでしょうか。

 

そして、その次走は「1月5日(日)京都金杯(GⅢ・芝1600m)に登録を行い、出馬状況を窺っていく」ということで、どうやらこの後は(個人的に想定していた)2月の京都牝馬Sではなく、年明けのGⅢ京都金杯に回る公算が大のようですね。

 

ここはハンデ戦とはいえ牡馬混合での一戦で、レースまでの間隔も中2週とかなり詰まってきますが、過去のパフォーマンスや競馬場での立ち振る舞いから見ても、地元開催のマイル戦に変わることは間違いなく良いはず。

 

また、現時点で有馬記念への出走を本線として調整しているクレッシェンドラヴは(専門誌情報として)同レースへの出走が叶わなかった場合、同日のGⅢ中山金杯に回る予定になっているという報道も出ており、状況次第では年始から東西両翼の重賞レースへのダブル出走という一大イベントが起こるかもしれず、そういった意味でも楽しみは大。

 

(有馬記念への参戦を希望している)クレッシェンドラヴの方は出走自体が不本意とはいえ、実現すれば東西重賞のダブル制覇すら視野に入ってくる布陣ですから、今は敗戦の傷の痛みを感じながらも次走での捲土重来、来年早々の巻き返しを期待しておきたいと思います。

 

 

画像

 

 

画像

 

(どう見てもカタギじゃない先生から目を逸らすマーフィーJとか、相変わらずインパクト大な顔をするディメンシオンとか、今回も変な写真ばっかり撮れてしまった…)