Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(12/14)ディメンシオン、昨年の雪辱を

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の中山競馬メインレース・12月14日(土)中山11R GⅢターコイズS(3歳以上オープン・芝1600m・牝馬限定戦・ハンデキャップ競走)に我らがディメンシオンが出走します。

 

 

ここでの枠順は8枠15番。

 

馬場改修の効果もあってかイメージほどには内外の成績差がないコースとはいえ、よりにもよって今回ここを引いてくるか、という感じの枠番ですよね。

 

極端な枠も状況によって良し悪しというか、これが京都牝馬Sだったなら大歓迎と言える枠番なのですが、残念ながら1走(?)早いタイミングでの桃帽スタートとなってしまいました。

 

まあ、ここと決まってしまった以上は仕方ありませんので、序中盤をロスなくスムーズに進めるためにもまずは(大外発進からでも前々のポジションを窺っていくであろう)トロワゼトワルを上手くパスして切り返し、少しずつでも内に潜り込みながら競馬を進めていってもらいたいと思います。

 

 

さあ、3連勝の余勢を駆って挑んだ昨年のこのレースで5着となってからちょうど1年、我らがディメンシオンが再び暮れの中山マイルに帰ってきました。

 

今年に入っては4戦未勝利という事もあり、単純な勢いだけでなら当時には見劣るやもしれませんが、その後の1年間で積んできた実績と経験、これは雪辱に向けての大きな武器になるはず。

 

特に、(これが初の重賞挑戦だった)昨年時との比較で言えば重賞実績の充実ぶりは顕著で、牡馬相手の定量戦で僅差の4着に追い込んだGⅢ関屋記念、同じく牡馬相手の重賞戦で世界レコードの2着だったGⅢ京成杯AHはそれぞれ見所十分だったと思いますし、また6着に終わった前走GⅡ府中牝馬Sにしても臨戦過程と相手関係、そして1800mへの距離延長と不安材料を抱えながら挑んだ一戦だったにしては、そう悪くないレース内容と着順着差だったのではとも思いますからね。

 

 

そういう事もあってここでも他馬との力関係、彼我の能力差で劣ることは無いと思っていますので、あとは今までと変わらずレースに行ってディメンシオン自身が力を発揮することが出来るかどうか、毎回のことながらこれが最大の鍵でしょう。

 

具体的には(普段通りとまでは言わないまでも)常識的なテンションの高さ、フラットな気持ちを保ったままレースに臨むことが出来るかどうかという部分になってきますが、2ヶ月ほど間隔を開けて臨む今回の臨戦過程は(馬が非常に落ち着いて見えた)3走前のGⅢ関屋記念に近いものですし、今回も一息入れた効果で当時と同じように落ち着いた立ち振る舞いを、そしてレースに行っても落ち着いたレース運びを見せて欲しいもの。

 

それさえ叶えばこのメンバーの中に入っても地力上位だと思っていますから、明日の中山競馬場では持てる力をしっかりと発揮して5着に終わった昨年の雪辱を果たすとともに、今度こそは悲願の重賞タイトル獲得を叶えてもらいたいと思います。