Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(10/31)スノージュエリー、最終追いも順調に

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

スノージュエリー

 

19.10.31

 

11月2日(土)東京3R 2歳未勝利(芝1600m)に藤田菜七子騎手にて出走予定。


「先々週、先週とやってきていますので、もう目一杯に追う必要はないでしょう。昨日は直線で併せて、動きは良かったですよ」(根本調教師)


「昨日はひどい靄のなか、藤田騎手を背に1馬身ほど先着。斤量差もあったとは思いますが、一生懸命走ってくれていましたよ。牝馬でもありますし、あまりやり過ぎると目つきや表情がキツくなったり、トモの疲れを気にして尻っ跳ねが多くなったりしますからね。今はまだ無理のない範囲で調教を積んでいった方がよいのではないでしょうか」(高橋助手)

 

 

今週末の東京戦・11月2日(土)東京3R 2歳未勝利(芝1600m)に向けて美浦で調整が続けられているスノージュエリーですが、水曜日にはPコースでの最終追い切りも無事に消化して態勢を整え、同レースへの出走も確定させてきました。

 

その最終追いでの追い時計は(折からの濃霧によって)「モヤのため計時不能」という事になってしまいましたが、元よりPコースでの追い切りですし、実際の時計の遅速はそこまで気にしなくて良さそう。

 

実際、根本先生が確認した限り併せ馬での「動きは良かった」という事ではありますので、ひとまず状態やコンディションといった部分に関しての心配は無用、と考えて良いのではないでしょうか。

 

となれば後はレースに行っての相手関係や舞台設定がどうかという所で、特に今回は同じマイル戦でも新潟から東京に舞台が変わって底力を求められた時にどう対応していくかという部分がカギになってくるかと思いますが、そういった部分も含めて現状はまだ探り探りというか、適性を見極めている段階。

 

それだけに、今回も勝ち負けに拘る一戦というよりは先を見据えながらのレースになるかと思いますので、今週末の東京競馬場でもまずは無事の完走を第一としつつ、その上で今後に向けて収穫のあるレース、この先が明るくなるような競馬を見せてもらえればと思います。