Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(10/24)スノージュエリー、何より順調第一で

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

スノージュエリー

 

19.10.24

 

美浦トレセン在厩。今週もポリトラックにて追い切り本数を消化しています。


「体力面などを考えると、ポリトラックでやるくらいがちょうど良さそうですね。普段は落ちついていても、乗るとハミを取って行けちゃうタイプ。走りに気が入っており、動きも徐々に良くなっています」(野中騎手)


「先週、結構やりましたので、今週は相手に合わせて整える程度。もう競馬に使ってきている馬ですから大丈夫でしょう。レースは11月2日(土)東京3R 2歳未勝利(芝1600m)。鞍上は引き続き、藤田菜七子騎手の予定です」(根本調教師)


「速めをやったら、やっただけの疲れは残る状況ですが、稽古を積んでいくことも重要ですからね。疲れては回復、また疲れては回復の繰り返しで、うまく出走まで持っていけると思います。馬自身はしんどい中、よく頑張ってくれていますよ」(高橋助手)

 

 

来週末の東京戦・11月2日(土)東京3R 2歳未勝利(芝1600m)に向けて美浦で調整中のスノージュエリーですが、水曜日には野中Jを背に1週前追いとなる時計を出し、レースに向けての態勢を整えてきています。

 

その追い内容は(1週前追いも含め)相変わらずPコースでのものが中心で、陣営の談話からも体力が備わってくるのはもう少し先という感じが伝わってきますが、そんな中でも前回の新潟戦では見所のあるレースをしてくれていましたし、この馬なりに少しずつでもしっかりしてきてくれているというのは確かなはず。

 

そして何より、同期の他馬の頓挫から順調に使えることの大切さというのが身に染みる今日この頃ですので、ここから先も怪我無く頓挫なく順調に、日々の調教や実戦での経験を積みながら一歩一歩前進していってもらえれば、と思います。