Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走結果(9/27)クレッシェンドラヴ、今回は出番なし

 

先週日曜日の中山競馬メインレース・9月27日(日)中山11R GⅡオールカマー(3歳以上オープン、芝2200m)に出走したクレッシェンドラヴは4着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

クレッシェンドラヴ

 

20.09.27


ほぼ揃ったスタートから、道中は好位集団の内を追走。直線の激しい叩き合いの末に惜しくも切れ負け、結果4着での入線となっています。


「ペースが遅くなりそうなのは織り込み済みでしたので、いつもとは違って、ポジションを取りに行きました。ただ、この馬も終い伸びているとはいえ、あそこまでスローの切れ味勝負になってしまうと、さすがに分が悪くなってしまいます。収穫のあるレースにはなりましたが、満足いく結果を出せなかったことは悔しく思います」(内田騎手)


「もう少しレースが流れていれば、結果も変わったのかもしれませんが、さすがに厳しい展開になってしまいました。それでもジョッキーが前目にポジションを取って行くいい競馬であったと思いますし、こういうレース運びができたのは収穫。力負けではありませんし、次につながる競馬にはなりました」(林調教師)


パドックでもデキの良さを窺わせる好気配。今回はある程度スタートから出して行き、3番手からの競馬を試みましたが、道中のペースが落ち着きすぎてしまい、最後は牝馬勢の切れ味に屈する形となりました。なお、このあとは、「トレセンでレース後の様子をしっかりと確認させてください」と調教師。その上で次走を相談していく予定になっています。(HTC)

 

 

…ということで、重賞連勝を期待して送り出したクレッシェンドラヴの今秋緒戦は、勝ち馬と0秒3差の4着(4番人気)という結果に終わりました。

 

別定のGⅡ戦で人気通りの着に入って1000万円の入着賞金を確保、相手を見てもGⅠで上位争いをしていた馬とも僅差の競馬をしているのですから普通の馬であれば褒められて然るべき走りを見せてくれてはいるのですが、それでもこの馬にかかる期待の大きさを踏まえると、やや物足りないと言わざるを得ない結果。

 

ただ、今回は先行タイプの不在もあって落ち着いてしまって序盤の流れは明確なスロー、この馬自身も久々の先行策を採ってこれに対応したものの最内発進が仇となったか外に出して徐々にペースを上げていくという競馬は出来ず、そんな中で勝ったのが過去に32秒台の上りを使ったこともあるディープ産駒のの牝馬となれば、この馬にしてみれば少し「違う」レースになってしまったのは確かでしょう。

 

一応、ラップを見てみると(ミッキースワローが進出を図る素振りを見せた)残り800m付近からは11.6ー11.9ー11.5と流れが速くなってはいるのですが、やはり結局の所は先行集団が強気に行かず、前半5F=64.3で入った時点でどうしようもなかったのかなと。

 

元よりクレッシェンドラヴの成績は以前からラップの前傾後傾、数字で言えばRCPIとのリンクが非常に強く、2019年以降でこの数字が50を下回った(=前半が速かった)レースでの通算成績は(3-2-0-0)、逆に上回った(=後半が速かった)時は今回の数字を入れて(0-0-1-3)ですから、数字で見ても今回は「来ない番」のレースだったと言えるでしょう。

 

実際、今回は過去のレースで接戦を繰り広げていて今回も近い所に敗因を求めていそうなミッキースワローも同じく不発という競馬でしたから、総じてこの2頭のような消耗戦タイプには出番のなかったペースや展開になってしまったのかな、と思います。

 

そんな訳で今回のレースに関しては「力負けではありませんし、次につながる競馬にはなりました」 という林先生の言葉、これに丸乗りする形で締めさせていただければと。

 

そして来たる次走、林先生の言う「次」が中山になるのか福島なのか(東京…は無さそうかなあ)は現時点では分かりませんが、昨年と同様にこの次こそは地力全開の競馬を見せての巻き返しを、そして更なる高みへの挑戦を、それぞれ引き続き大いに期待したいと思います。

 

出資馬出走情報(9/27)クレッシェンドラヴ、全開の競馬を

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の中山競馬メインレース・9月27日(日)中山11R GⅡオールカマー(3歳以上オープン、芝2200m)に我らがクレッシェンドラヴが出走します。

 

ここでの枠順は1枠1番。

 

思えば昨年のこのレースから内枠を引く傾向が顕著(?)で、近4走3番枠→10番枠→3番枠→3番枠と来て今回はついに最内枠を引かされることとなりましたが、ここはそもそもの頭数が頭数(9頭立て)ですし、最内発進でも過度に揉まれることは無いはず。

 

元より(近走の感じを見ても)外枠から五分に出たところで二の脚が付くかと言われると微妙な所で後方から追い上げていく形になるのはどこでも同じでしょうから、ここも前走と同様に勝手知ったる鞍上の手腕、後方内目からの鮮やかな切り返しに期待したいと思います。

 

 

さあ、我らが重賞2勝馬クレッシェンドラヴが消化不良に終わった昨年の雪辱、そして王道路線での更なる飛躍を胸に秋緒戦のGⅡオールカマーに挑みます。

 

…と意気込んではみたものの、有力馬の回避もあって今回は「レンブーケドールのいる福島記念」といった趣のメンバー構成になり、これまで幾度となく顔を合わせてきた相手とこの条件下で、そして同斤量での戦いになった時にどういった結果が出るのか、というのが主となる一戦という事になりそう。

 

 

他方では内柵の移動による影響や小頭数戦での序中盤の流れが気になる所ではありますが、そもスローからの瞬発戦となるのはミッキースワローレンブーケドールステイフーリッシュといった他の人気馬たちも避けたいはず。

 

であれば仮に序盤の流れが落ち着いたとしても仕掛けのタイミングまで遅らせてくることはないはずで、そうなれば3角手前ないし早い段階から前に圧をかけていくようなロングスパート戦、そして得意の持久力勝負になってくれる可能性もそれなりにあるのでは。

 

いずれにしてもここは強豪ひしめくGⅡ戦、終始淡白なレースのまま終わってしまうことはないと思いますから、明日のレースではクレッシェンドラヴらしい競馬を見せることをまず第一として心がけ、地力全開の競馬で更なるタイトル加算を果たしてもらいたいと思います。

 

出資馬近況(9/24)クレッシェンドラヴ、雪辱を期して

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

20.09.24


9月27日(日)中山11R オールカマー(GⅡ・2200m)に内田博幸騎手にて出走予定。


「準備運動のハッキング時なども気持ちにゆとりが出てきましたし、それでいて追い切りでは変わらずきちんと動いてくれる。馬が大人になってきたように感じます。昨日はウッドで外を回って負荷をかける形。内田騎手にも『テンションが上がりすぎることなく、心身ともにいい状態』と言ってもらえたように、ここまで予定通りの調整過程で順調にくることができました。相手はさらに強くなりますが、目先のことよりも長いスパンで考えながらずっとやってきましたし、今回のレースだってそう。この次、またその次につながる競馬ができればと思っています」(林調教師)

 

 

今週の日曜中山11レース・9月27日(日)中山11R GⅡオールカマー(3歳以上オープン、芝2200m)に向けて美浦で調整が続けられているクレッシェンドラヴですが、今週は水曜日に南Wで最終追いとなる併せ馬を消化して態勢を整え、同レースへの出走も確定させてきました。

 

出走に向けての陣営の見立てや意気込みは、上記の公式の談話に加えて各所の取材内容

 

【産経賞オールカマー】クレッシェンドラヴWで3頭併せ5F67秒8(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンドラヴ 余裕の最先着リハ 3つ目タイトル奪取へ(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンドラヴ、“絶好調男”内田の闘魂注入!「力強さが出てきた」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

【産経賞オールカマー】クレッシェンドラヴ、半馬身先着「気持ちにゆとりが出てきました」(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【産経賞オールカマー】勢いそのままに重賞連勝を狙うクレッシェンドラヴ(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【産経賞オールカマー】内田つきっきり!雰囲気いいぞクレッシェンドラヴ(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

昨年雪辱へクレッシェンドラヴ順調/オールカマー(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【産経賞オールカマー】余力残しクレッシェンドWラスト12秒5(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー】クレッシェンドラヴ ベテラン内田主戦で昨年の雪辱期す(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

【オールカマー 今週のキーマン】林調教師「精神面で成長」クレッシェンドラヴ、昨年5着の雪辱Vで大目標の有馬記念につなげる(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

も参考にしていただくとして、今回も「この次、またその次につながる競馬」を心がけて臨み、そのうえでレースに行って結果が伴ってくれればなお良し、というスタンスのようですね。

 

 

他方、確定した出走メンバーを見てみると「熱発により回避」という報道の通り出走決定馬の中にフィエールマンの名前がなく、これによって想定人気順で上位のメンツは

 

1番人気レンブーケドール

2番人気ミッキースワロー(19年福島記念2番人気3着)

3番人気クレッシェンドラヴ(19年福島記念1番人気1着)

4番人気ステイフーリッシュ(19年福島記念6番人気2着)

 

となりましたので、メンバー構成は完全に「カレンブーケドールのいる福島記念」。

 

そのカレンブーケドールも目標は明らかに先で「勝負気配」という意味では2~4番手の馬たちが上回っているように思いますし、これは日経賞の時の表現をそのままに「ミッキースワローに勝てばGⅡタイトル奪取」というレースになる可能性が大なのではと思いますので、今週末のレースでこそはこの高い壁を乗り越えて、更なる勲章を加えたうえで王道戦線へと向かっていってもらいたいと思います。

 

出資馬近況(9/24)グランソヴァール、今週末のレースは出走ならず

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

20.09.24


9月27日(日)中京10R 桶狭間ステークス(3勝クラス・ダ1400m)に出馬投票しましたが、抽選により除外。10月10日(土)東京10R 神無月ステークス(3勝クラス・ダ1600m)に向かう予定になっています。


「昨日ダートコースにて追い切っており、単走でほぼ馬なり。雰囲気は悪くないですし、変則開催後で休み明けだったこともあるかもしれませんが、トモの感じも先週よりは今週の方が良かったようですからね。前走が悪いチャレンジだったとは思っていませんが、距離が1ハロン短くなること、また、どんどん涼しくなってくることなどはプラスに働いてくれるかもしれません」(尾関調教師)

 

 

今週末の日曜中京・桶狭間Sへの出走を予定していたグランソヴァールですが、出馬投票の結果残念ながらここは非当選除外となり、やむなく2週後の東京戦・10月10日(土)東京10R 神無月ステークス(3歳以上3勝C・D1600m、ハンデキャップ競走)に目先を変える事となりました。

 

実績のある左回りの7F戦となる桶狭間Sへの出走が叶わなかったのは痛恨でしたが、尾関先生は「距離が1ハロン短くなること、また、どんどん涼しくなってくることなどはプラスに働いてくれるかも」と早くも来月の東京戦を見据えているようですし、私としてもここは気持ちを切り替えて次へと進んでいく他なさそうですので、まずは引き続き怪我や頓挫の無いままに調整を進めていけるよう、そして今度こそ当たり籤とのご縁に恵まれてこれ以上の予定変更を余儀なくされることの無いように、今後とも行いに気を付けながら日々を過ごしていこうと思います。

 

在厩馬近況(9月/第4週)

 

f:id:haku_san:20200924192708p:plain

 

今週の在厩馬近況、3歳~古馬勢は既報の通り出走あり故障あり除外ありと激動の一週間でしたが、デビューを待つ2歳勢はひとまず順調。

 

 

そのうちカイ食いと目方の減少を嫌って小休止を入れていたゴッドシエルは今週に入って調教を再開、さっそく今朝には坂路で追われていますね。

 

良くも悪くも前向きな気性ゆえ、今回のことに限らず今後も押し引きを計りながら進めていく事になりそうですが、デビューに向けては陣営の工夫の下で引き続き一歩ずつでも着実に、後戻りのないよう階段を上って行ってもらえればと思います。

 

 

そして、今週の近況では先週の段階で直近のトレセン入厩が示唆されていたラヴマイウェイが本日24日に浦河のシュウジデイFを出発、明日にも美浦の林徹厩舎に入るという情報も出てきました。

 

こちらは課題だったメンタル面も含めて心身に成長の跡が見られるようですし、ここまでの乗り込みの成果として「ゲート試験はすぐにでも合格できるレベルにある」というのも心強い限りですから、まずは当面の目標となるゲート合格やその先に見据えるメイクデビューに向け、トレセンレベルの調教に入っても存在感を示してもらいたいと思います。

 

 

桶狭間ステークスのハンデが決定、グランソヴァールは55㎏に

 

 

JRAのホームページにて、グランソヴァールが出走を予定している今週末の日曜中京10レース・9月27日(日)中京10R 桶狭間ステークス(3歳以上3勝クラス・D1400m、ハンデキャップ競走)の出走馬に対するハンデキャップが発表されました。

 

 

2020年9月27日(日) 2回中京7日

 

桶狭間ステークス 

3歳以上 (混合)[指定]3勝クラス(1600万円以下) ハンデ 1400m ダート・左

 

第1回特別登録 36頭


アスクジョーダン   54.0
アスターソード    54.0
アーバンイェーガー  55.0
イッツリット     54.0
ヴァイトブリック   55.0
ヴォーガ       55.0
ウォータースペース  52.0
エイシンポジション  53.0
オーシャンズルーラ  52.0
グランソヴァール   55.0

グロワールシチー   56.0
グローリーグローリ  55.0
ゴールドラグーン   55.0
サトノギャロス    56.0
サンキュー      54.0
サンタナブルー    53.0
サンライズナイト   54.0
シェパードボーイ   54.0
スズカモナミ     52.0
スナークスター    55.0

タガノヴェローナ   52.0
ターゲリート     54.0
テイエムノサッタ   51.0
テーオーターゲット  55.0
ハッピーゴラッキー  53.0
フィールシュパース  56.0
フィールドセンス   56.0
フォルツァエフ    54.0
ブルーメンクローネ  54.0
プレシャスルージュ  53.0

マイネルラック    53.0
メイショウヴォルガ  53.0
メイショウミズカゼ  53.0
メイショウラビエ   52.0
メリーメーキング   54.0
リトルモンスター   52.0

 

 

…ということで、今週末のレースでグランソヴァールに課される斤量は表題の通り、近走から据え置きの55㎏という事になりました。

 

基本的に「持ちハンデ」となる数字から上がりやすく下がりにくいのがJRAのハンデキャップとはいえ、(同斤量での近3走の成績が3着→11着→14着と2度続けての大敗&使うごとに数字を大きくしている事もあって)ここはハンデキャッパーの匙加減一つで1㎏程度軽くなる可能性もあるのでは?と思っていたのですが、判定の結果(?)据え置きとなったようですね。

 

他方、横の比較で見てみると4走前の播磨Sで対決した後の足跡が3着→5着→2着と崩れていないサトノギャロスとの斤量差が据え置きなのはどうなんだという感じはありますが、ひとまずこの距離で見ればこちらもそう崩れてはいませんし、当時は一応こちらが先着している(3着:5着)ので致し方ないかなと。

 

そもそもここは彼我の斤量差以上に「レースに出走できるのか」というもっと根本的(?)な憂いがあるのでそちらの方がどうかという所ですが、こればかりは運としか言いようがありません(除外権を持っている馬が少なかったのは良かったですね)ので、引き続き襟を正しながら明日の出馬投票、そして抽選結果の発表を待ちたいと思います。

 

キャッツアイ、診断は重度の屈腱炎…現役引退へ

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

キャッツアイ

 

20.09.23


栗東トレセン在厩。本日、エコー検査を行ったところ、右前肢に重度の屈腱炎を確認。復帰の見通しが立ちづらい症状であることから、やむなく現役続行を断念する方向で調教師と協議を進めていくことになりました。


「日を追うごとに熱感などは落ち着いてきており、歩様にも違和感はなくなっているのですが、エコー検査の結果は見た目以上に中身のダメージがひどく、非常に厳しいものでした。仮に長期の休養を挟んだとしても、さすがに復帰は困難ではなかろうかと…。まだまだこれからというタイミングでのアクシデントにやりきれない気持ちでいっぱいです。本当に申し訳ございませんでした」(小崎調教師)

 

 

経過観察のうえでエコー検査を受診したというキャッツアイですか、やはりと言うか診断結果は屈腱炎、それも「見た目以上に中身のダメージがひどく、非常に厳しい」重度のものだったということで…

 

上がりの状況や先週末の陣営の談から覚悟はしていましたが、いざ「屈腱炎」「現役続行を断念する」と明確な言葉で現実を突きつけられると、やはり辛いものがありますね。。。

 

未だキャリア5戦に留まる3歳馬にして同世代の出資馬として最後の一頭、そして春の内容から上のクラスでもという期待もあった本馬がここで現役生活にピリオドを打つことになるのは文字通り痛恨ですが、今は誰よりキャッツアイ自身が一番辛いはずで、まずは症状の快復を祈るばかり。

 

その他の状況や今後の身の振り方については書面での詳報を待つことになるかと思いますが、とにかく今は痛い所が少しでも早く良くなってほしい、そして願わくばこの馬の行く先に次のステージが用意されていて欲しい、そう切に祈るばかりです。