Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(7/12)クレッシェンドラヴ、地力の高さで

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

20.07.09


7月12日(日)福島11R 七夕賞(GⅢ・芝2000m)に内田博幸騎手にて出走予定。


「昨日は前の馬を追いかけるような形から、馬なりで楽に併入。先週しっかりやりましたので、今週はもうこれくらいで十分でしょう。今は調教の前後に落ち着きがありますし、それでいて稽古では気のあるきちんとした走り。心身ともに不安がなく、いい状態だと思います。ただ、今回も重賞でメンバーが強いことですし、トップハンデという斤量差もありますからね。先週のような前や内が止まらない馬場状態ですと楽な競馬はさせてもらえそうにありませんが、そこはこれまでの重賞レースで培った経験や状態の良さを生かして頑張って欲しいところです」(林調教師)

 

 

表題の通り、明日の福島競馬11レース・7月12日(日)福島11R GⅢ七夕賞(3歳以上オープン・芝2000m、ハンデキャップ競走)に我らがクレッシェンドラヴが出走します。

 

ここでの枠順は2枠3番。

 

内枠奇数でシンプルに動きが取り辛いことに加え、昨秋から年始にかけての競馬の中で連を外した2戦(GⅡオールカマー・GⅢ中山金杯)が共に同じ3番枠からの発走だったという事もあって何とも不吉な予感がありますが、ここからの軌道修正と再びの躍進に向けて、まずは過去の敗戦の清算を済ませておきたいところ。

 

実際、同条件下での過去のレース内容を思い出してみても、今回ここでいきなり序盤から出していくような事は無いと思いますので、他の馬の出方や全体的な流れを注視しつつ、自身も勝負所までに上手く切り返しておいてもらえれば、と思います。 

 

 

さあ、いよいよ出資馬陣営の東の雄・クレッシェンドラヴが、2020年シーズンの実質的な始動戦として、まずはGⅢ七夕賞で昨年2着の雪辱に挑みます。

 

ここは半年ぶりの実戦でも陣営曰く仕上げには抜かりないという事ですし、また過去(1-3-0-0)と抜群の相性を誇る福島芝で実際に昨年には2着に来ているレースとあって舞台設定にも不足なしと思える一方、気になる所としてはやはり足下の馬場コンディションがどうか、そしてレースに行っての展開面がどうか。

 

特に後者に関しては、「マルターズアポジーが飛ばす流れをミッキースワローが捲っていく」競馬になって序盤中盤終盤と理想的な形になっていた昨年に対し、今年はどの馬がハナを切っていくのかも分からないメンバー構成で、特に序中盤の流れに関しては完全に未知数ですからね。

 

それだけに、ここは他の差し馬を引き連れる形になってでも自力で進出していって前を飲み込んでいけるかどうか、「自分の力で勝ち切る」ことが出来るかどうかというのが大きなテーマ。

 

総じて、ここは馬自身の地力の高さと勝ちに行くための積極性の双方が高いレベルで求められる一戦という事になってきそうですから、今度こそは使うべきところでしっかりと脚を使っていく競馬、脚を余すことなく完全燃焼の競馬を見せて2つ目のタイトル奪取を叶え、ここからの更なる飛躍の足掛かりとしてもらいたいと思います。

 

出資馬出走情報(7/12)エレナレジーナ、不運を乗り越えて

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

20.07.09


7月12日(日)函館8R 1勝クラス(芝1200m)に水口優也騎手にて出走予定。


「今朝、ウッドチップコースにて半マイル15-14程度を消化。ここでの動き次第では、来週まで待たずに中1週でもイイかなと思っていましたし、実際に状態も上がってきている様子ですからね。稽古の動きなどをしっかりと確認した上で今週末の出走を決めました。前走時から続く体調の良さが、レースにもつながって欲しいところです」(加藤征調教師)

 

 

表題の通り、明日の函館競馬8レース・7月12日(日)函館8R 3歳以上1勝クラス(芝1200m)に我らがエレナレジーが出走します。

 

ここでの枠順は8枠10番

 

つい2週前のレースでも同じ8枠からのスタートで後手に回される形となってしまい、結果として当時「今回は外枠の不利が全て、次回は普通の枠であらためて」と結ばれることとなっていただけに、まさか続けて紫帽を宛がわれてしまうとは…

 

何ともツキがない感じがしますが、ひとまず当時との比較だけで言えば開催が進んで多少なりとも馬場バイアスが変わってきているのはひとつ好材だと思いますし、馬自身にも久々を叩かれての内外の変化というのは出ているはず。

 

特に、後者に関しては「動き次第では、来週まで待たずに中1週でもイイかなと思っていました」ということで、陣営としても「この動きなら」という所はあるのでしょうから、ここは内外の調子の良さをもって再びの外枠発進という試練を乗り越え、今度こそは現級上位の地力を示す競馬を見せてもらいたいと思います。

 

出資馬出走結果(7/11)カイザーノヴァ、デビュー勝ちでモーリス産駒の一番星に!

 

本日の函館競馬5レース・7月11日(土)函館5R メイクデビュー函館(2歳新馬、芝1200m)に出走したカイザーノヴァは1着でした!

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

カイザーノヴァ

 

20.07.11


ゲートを出たものの二の脚がつかず、前半は中団より後方を追走。3~4角で馬群に取り付くと、直線残り200mから一気の伸びで先頭ゴール。見事にデビュー勝ちを収めています。


「初戦という意味で半信半疑なところもありましたが、それにしても強い競馬でしたね。現地スタッフの感触などから、この距離がどうかとも思っていましたが、結果的には1200mを選択して正解でした」(矢作調教師)


◆前半はフワフワした走りでしたが、直線入口での二度の接触を物ともせず、外に出されてからは目の覚めるような末脚を披露。母ステラリード同様、2歳新馬勝ちを飾るとともに、新種牡馬モーリス産駒の一番星に輝きました。なお、このあとは、「来週7月18日(日)函館11R 函館2歳ステークス(GⅢ・芝1200m)への連闘も視野に入れ、まずはレース後の馬の様子を確認していく」(師)予定になっています。(HTC)

 

 

…ということで、土曜日の函館で初戦を迎えたステラリードの仔カイザーノヴァが、見事1着(5番人気)でメイクデビューを飾りました!

 

いやいやいや、実戦に行っての変身やここでの一発回答に対する期待が無かったわけではないのですが、それでもここまで苦戦が伝えられてきたモーリス産駒の初勝利(各メディアでも大きく取り上げられていましたね)を広尾TC所属の日高産馬、それも出資馬のカイザーノヴァが飾ってくれるとは…

 

正直、馬自身の素質の高さは認められていてもここはやや弱気な見方、陣営の談を借りて「初戦という意味で半信半疑なところ」があるという見方は確かにあったと思いますし、特に「結果を求めて入れ込み過ぎるのは流石にどうか」とまで書いてしまった私なんかは猛省するばかりなのですが、あらためてレースのVTRを見てみても発馬を決めた所からの加速では他の馬に後れを取っており、「前向きさに欠ける」「気が入っていない」という陣営の懸念は正しいものだったはず。

 

ただ、そこからの挽回と馬群に取り付いてからの追走のリズム、そして終いの伸びはいずれも文句無しと言えるものでしたし、また他馬を弾き飛ばしながらの猛追(7番のサンダナポイントと勝浦Jには大変なご迷惑を…)には行儀の悪さと同時に「凄み」のようなものも感じられる勝ち方でもあり、流れが向いたにせよ着差も決定的なもの。

 

総じて、今回は若さゆえの完成度の低さ、随所で見せた粗さを馬自身の地力の高さでカバーして勝ってしまった、というのがシンプルな結び方になるでしょうか。

 

ともあれ、初戦向きのようには見えなかった「奥の深い馬」が一発回答で勝ち上がってくれたのは本当にポジティブなサプライズで、ここから更に良くなってくるであろう次回次々回でのパフォーマンスはもちろん、その更に先に向けても持てる期待は高まるばかり。

 

そして、この後は「来週7月18日(日)函館11R 函館2歳ステークス(GⅢ・芝1200m)への連闘も視野」に入っていることで、レース前から「勝った場合の選択肢」として噂されていた矢作厩舎のお家芸(?)、連闘での重賞参戦の可能性もあるよう。

 

いずれにしても次回は勝ち組同士での一戦になる事は間違いないでしょうから、まずは来春の活躍を占うレースとなる次走次々走での更なる力走を、そしてその先での更なる飛躍を、それぞれ大いに期待したいと思います。

 

出資馬出走情報(7/11)カイザーノヴァ、初戦の走りは?

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

カイザーノヴァ

 

20.07.09


7月11日(土)函館5R 2歳新馬(芝1200m)に坂井瑠星騎手にて出走予定。


「昨日、本馬場で未勝利馬と併せての調教となりました。追ってからの頭の位置が高いとは言え、渋った馬場コンディションのなか、動き自体は良かったですし、スピードもありますからね。こういった点から考えますと、やはり1200m戦でデビューさせてあげる形がよいのではないでしょうか」(矢作調教師)

 

 

表題の通り、本日の函館競馬5レース・7月11日(土)函館5R メイクデビュー函館(2歳新馬、芝1200m)に我らがカイザーノヴァが出走します。

 

ここでの枠順は7枠10番

 

やや距離感が遠くはなりますが、周囲の馬がおかしな挙動を示すかも分からない新馬戦、どんな競馬をするにしても外目の偶数番というのは理想的な所でしょう。

 

他方、陣営からは(専門誌情報として)「初戦向きの気性でゲートも速い」という談話が出ていますが、正直なところ前向きさという面で初戦向きかと言われると?ですし、ゲートの飛び出しに関しても半信半疑という所はあり、これについてはやや眉唾。

 

もちろん、初戦からしっかりと力を発揮してあれよあれよの先頭ゴール、レースの後には連闘での函館2歳S参戦の噂も出てくる…なんて流れになってくれれば最高ですが、実際問題として良血馬が大挙出走しながら未だに勝ち星を挙げられていない父や前年度の勝率11%という厩舎の新馬戦成績などを踏まえて考えると、初戦から積極的に勝ち星を狙っていく鞍という感じでは無いかなと。

 

そんなわけで、今日のレースもまずは今後に向けて馬自身に火を入れる、実戦を経験させることによって前進姿勢を強めることが主目的となるようにも思え、それだけに結果を求めて入れ込み過ぎるのは流石にどうかなとは思いますが、カイザーノヴァ自身は奥のある馬なのは間違いないと思いますので、まずは実戦に行って競馬というものを肌で感じつつ、その流れの中で何かきらりと光るものを見せてもらえれば、と思っています。

 

出資馬出走結果(7/5)ディメンシオン、流れに乗り切れず

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の阪神競馬メインレース・7月5日(日)阪神11R GⅢ CBC賞(3歳以上オープン・芝1200m、ハンデキャップ競走)に出走したディメンシオンは11着でした。

 

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

ディメンシオン

 

20.07.05


差のないスタートから前半は好位2~3番手につけて行くも、直線を迎えて徐々に後退。結果11着での入線となっています。


「初めての1200m戦でしたが、番手につけて行けましたからね。最後はさすがに止まってしまったものの、年齢面などを考えれば、次につながる競馬は出来たと言ってもよいでしょう。馬は頑張ってくれていると思います」(藤原英調教師)


◆初めての1200m、しかも外枠からの競馬となりましたが、生粋のスプリンターたちを相手にレースの流れに乗り、好位で直線を迎えられるあたりは本馬の適応能力の高さ。取消明けのこの一戦が、少しでも今後に生きてくれればと思います。なお、このあとは、「7月19日(日)阪神11R 中京記念(GⅢ・芝1600m)への続戦が可能かどうか、まずはレース後の様子を窺っていく」(師)予定になっています。(HTC)

 

 

…という事で、新味を求めながらの一戦となったディメンシオンの今夏初戦は、16頭立ての11着(8番人気)という結果に終わりました。

 

初のスプリント戦で初速で遅れてしまったものの、押して位置を取りに行って先団に取り付き、そのまま前を射程圏に入れたところまでは良かったのですが、直線に向いてからはいつもの伸び脚が使えず、ずるずると後退してしまうことに。

 

まあ、結局ここは(専門誌での)「序盤で脚を使ってしまった」という鞍上の言の通り、外々の枠から出して行ったことで脚が貯まりきらなかった/追走で余力を無くしてしまったという事なのでしょう。

 

もっとも、元よりここは次回のGⅢ中京記念に向けての仕込みという面が強い一戦だったことですし、ひとまずテンから出していく形で「次につながる競馬」が出来たのは良かったかなと。

 

その中京記念に向けては「続戦が可能かどうか、まずはレース後の様子を窺っていく」ということで、続戦の有無は状態面と相談しながらという事になっていましたが、週中の近況では続戦の方向で調整していく旨の談話が出されており、順調なら(少し時間を置いてガタッと来るようなことがなければ)このまま来週末のレースへと転戦していく事になりそう。

 

とはいえ今は「延長戦」の段階、まずは何よりも馬自身のコンディションが第一ですから、まずは厩舎で大きな反動の有無をしっかりと見定めていただき、そのうえで続戦が叶うのであれば次こそは適性舞台でディメンシオンらしい走り、昨夏の新潟や中山で見せてくれた実力上位の競馬を再び見せてもらいたいと思います。

 

GⅢ・七夕賞のハンデが決定、クレッシェンドラヴは57㎏に

 

JRAのホームページにて、クレッシェンドラヴが出走を予定している今週末の日曜福島メインレース・7月12日(日)福島11R GⅢ七夕賞(3歳以上オープン・芝2000m、ハンデキャップ競走)の出走馬に対するハンデキャップが発表されました。

 

 

2020年7月12日(日) 2回福島4日

 

第56回 七夕賞(GⅢ)

3歳以上 (国際)(特指)オープン ハンデ 2000m 芝・右

 

第1回特別登録 18頭

 


アウトライアーズ   54.0
アンノートル     53.0
ヴァンケドミンゴ   54.0
ウインイクシード   56.0
エアウィンザー    57.0
オセアグレイト    55.0
クレッシェンドラヴ  57.0
グローブシアター   55.0
ジナンボー      56.0
ソールインパクト   54.0

ノーブルマーズ    56.0
パッシングスルー   54.0
バレリオ       55.0
ヒンドゥタイムズ   55.0
ブラヴァス      55.0
マイネルサーパス   56.5
リュヌルージュ    52.0
レッドローゼス    56.0

 

 

…ということで、今週末のGⅢ七夕賞に出走するクレッシェンドラヴの斤量は、57㎏ということに相成りました。

 

GⅢ福島記念を55kgで勝っているので57kgという数字が出るのはある種当然と言えるものの、同斤量で臨んだGⅢ中山金杯で大敗した分として0.5kgくらいは負けてくれないか…と淡い期待を抱いていましたが、残念ながら当然というか、前走時から据え置きとなるハンデ57kgが付与されることに。

 

ただ、過去に対戦歴のある馬たちとの比較で見てみると、例としては2走前の中山金杯への出走時には2㎏あったマイネルサーパスとの斤量差が今回0.5kgにまで縮まるなど、(相手が実績を積んだ事もあるとはいえ)相対的には前回よりは甘めに思える斤量評価。

 

その他の馬たちを見てみても、条件戦上がりの馬たちも含めて「この馬にこの斤量は軽すぎる」と思える馬は見当たりません(ヴァンケドミンゴは少し軽めかな?)ので、これなら一先ず納得というか、極端に背負わされている感じは無いかなと。

 

まあ、元より上がりやすく下がりにくいのがハンデキャップというものですし、そもそも福島記念で下したウインイクシード(福島記念54kgで4着→今回56kg)やレッドローゼス(福島記念56kgで5着→今回変わらず)と当時1着のクレッシェンドラヴを同じ斤量にしろというのは流石に厳しいものがあったかと思いますので、こればかりは仕方のない所。

 

幸い、前述のように他との斤量差はそこまで付いていませんし、絶対値としての斤量57kgも過去6戦(3-0-1-2)で全く問題ありませんから、ここはトップハンデを背負いながらでも地力の高さ、重賞ウィナーの貫録を見せつける競馬をしてもらいたいと思います。

 

週末の特別登録(7/12)クレッシェンドラヴ、日曜福島・GⅢ七夕賞に特別登録

 

JRAのホームページにて、クレッシェンドラヴが出走を予定している今週末の日曜福島メインレース・7月12日(日)福島11R GⅢ七夕賞(3歳以上オープン・芝2000m、ハンデキャップ競走)に特別登録を行った馬の名前が発表されています。

 

 

2020年7月12日(日)2回福島4日 

第56回 七夕賞(GⅢ)

 

第1回特別登録 18頭

3歳以上 (国際)(特指)オープン ハンデ 2000m 芝・右


アウトライアーズ
アンノートル
ヴァンケドミンゴ
ウインイクシード
エアウィンザー
オセアグレイト
クレッシェンドラヴ
グローブシアター
ジナンボー
ソールインパク

ノーブルマー
パッシングスルー
バレリオ
ヒンドゥタイムズ
ブラヴァ
マイネルサーパス
リュヌルージュ
レッドローゼス

 

 

 (ハンデ戦のため斤量未定)

 

 

 …ということで、来週末に福島競馬場で我らがクレッシェンドラヴと一戦を交えることになる可能性のあるメンバーが発表されました。

 

その一覧を見てみると、アウトライアーズウインイクシードレッドローゼスといった「いつものメンバー」をベースに福島巧者のマイネルサーパス、言わずと知れた血統馬で重賞実績もあるジナンボー、更にはヒンドゥタイムズブラヴァヴァンケドミンゴなど勢いのある若馬と、普通のOP戦であれば有力視できそうな名前がずらり。 

 

これを見ると夏のハンデGⅢ戦としてはハイレベルなメンバーが集まってしまった印象がありますが、そんな中にあっても我らがクレッシェンドラヴは適性・実績・能力と三拍子揃って上位の存在で雨が残る馬場コンディションも歓迎、更には鞍上の内田Jも今週の代打騎乗での重賞Vを決めるなど好調ですし、その勝利が同系となるナカヤマフェスタの産駒によるものだったのも好材料

 

もちろん、実際にレースに行ってみて展開がどうなるか、ここから当日までの天候と馬場状態の変化はどうか、更にはハンデ戦で負担斤量の配分もどうなるかetcetc未知数な部分は多々ありますが、いずれにしても普通のレースで地力を出し切る事が出来れば好勝負必至と言える鞍だというのは間違いないと思いますので、来たる今週末のレースでは持てる力をしっかりと発揮し、得意の舞台で新たな勲章を加えたうえで更なる大舞台への歩みを再び進めていってもらいたいと思います。