Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(11/14)クレッシェンドラヴ、グランプリ参戦も視野に

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

19.11.14


本日、テンコートレーニングセンターへリフレッシュ放牧に出ています。なお、次走については12月22日(日)中山11R 有馬記念(GⅠ・芝2500m)をひとつの選択肢として、回復状況を窺っていくことになりました。


「レース後は運動のみ。ひとまず上がりは大丈夫そうですね。うまく状態が整うようであれば、有馬記念へというプランも考えていきたいと思います。再びレース間隔が詰まるような格好にもなりますので、詳しくはいつものように放牧先で一週間ほど様子を見てもらってから検討していきましょう」(林調教師)

 

 

GⅢ福島記念を制して重賞ウイナーとなったクレッシェンドラヴですが、今回もレース後はこれまでと同様、福島県へのテンコーTCへと放牧に出されたよう。

 

ここに来ての充実ぶりには馬自身の成長もそうですが、確立されたルーティンが安定感を引き出してくれていることが寄与しているのも間違いの無いところで、今回も過ごし慣れた環境で心身を休めてくれればと思います。

 

 

そして、今週の近況では、クラブから正式に「12月22日(日)中山11R 有馬記念(GⅠ・芝2500m)」が有力な次走目標となっていることが明かされました。

 

確かに「福島記念を勝って有馬記念へ」というのは以前からの計画であり青写真だったかと思いますが、実際に次走目標として提示されると感慨深いと言うか信じられないと言うか、何とも不思議な感じがしますね。

 

ともあれ、実際に重賞タイトルを掴んだ今なら堂々と胸を張って最高峰の舞台へと駒を進めていけますし、また心身が成長して追走のリズムが良くなった今なら2500mという距離にも十分に対応できるはずで、あとはレースに行って流れが向けば、日本競馬の超一線級を相手に大番狂わせを演じるシーンすら想像できてしまう…というのは、決して少数派の意見では無いなず。

 

 

ただし、もちろんそれには馬自身の順調な快復、激戦を終えた心身のケアと、そこからのコンディションの上昇というのが大前提となりますから、まずは何より馬本位で進めていただき、そのうえで可能であるならば今までと同じ形をもって今度は年末の大舞台、GⅠ有馬記念への出走態勢を整えていってもらえれば、と思っています。

 

 

画像