Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(11/14)スノージュエリー、来週末の東京戦へ?

 

(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

スノージュエリー

 

19.11.14

 

美浦トレセン在厩。おもに南のダートコースにて普通キャンターにより調整されています。


「週半に時計を出す予定はなく、じっくりと距離を乗っておいて、やっても週末に少し動かす程度。11月23日(土)東京2R 2歳未勝利(芝1600m)または、24日(日)東京1R 2歳未勝利(芝1400m)に向けて、直前に追い切れば大丈夫でしょう。前運動の段階から少々テンションが高めですし、疲れを取ってあげるようなイメージで進めていきたいですね。1400mだとテンのペースが速くなる分、自分のリズムで行けるかどうか。来週の想定を見ながら、メンバー次第で決めていくことになるかと思います」(高橋助手)

 

 

前走後も在厩のままで調整が続けられているスノージュエリーですが、この後は「11月23日(土)東京2R 2歳未勝利(芝1600m)または、24日(日)東京1R 2歳未勝利(芝1400m)に向けて」進めていくという事で、当初からの予定の通り、中2週での東京競馬への続戦を本線として調整されているよう。

 

また、候補となる2つのレースのどちらへと矛先を向けるのかは現時点では未定のようですが、来週末の東京競馬はJCウィークの開催とあって相手が揃いそうな雰囲気もあるだけに、ここと決めずに「想定を見ながら、メンバー次第で決めていく」方針のようですね。

 

ひとまず優先権を持っているのでレース選択の融通は効きますし、また近走の内容から、展開ひとつ相手ひとつで勝負圏内に入っていけそうな感触も掴めてきているのも事実。

 

そんなわけで(?)、この後も漠然と使っていくのではなく相手を見ながら少しでも上位進出の可能性が高そうなレースを選んでいく、というのは勝利に向けての近道になってくると思いますし、また久々を叩いて臨む事にもなる次走は前回4着からの更なる前進、好勝負の競馬を見せてもらいたいと思います。